ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

危険な感じなかったドル円ショート、
イベント少なくFOMCまでは様子見か

2020年06月09日(火)16:34公開 (2020年06月09日(火)16:34更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 週明けの昨日のマーケットは、先週に高まったリスクテークの流れが継続するかどうかに注目が集まった。早朝のグローベックスでは米国株が急伸し、金曜日の高値付近まで持ち上がってスタートした。

 またOPECプラスの成果を好感したものか、原油相場も40ドルの大台に乗せてきたりした。リスクに敏感とされるユーロ円も124円台でスタートした。

 しかし時間の経過とともに、リスクオンに向かったポジションのコレクションが入り出した。原油価格も40ドルを割り込んでくると、米国株も上値の重さが意識されてきて利食い売りが優勢となった。欧州時間を通じてドル円、ユーロ円にもポジション解消のためのオファーがかさんできた。

 ニューヨーク序盤でのドル円は一方的な下げ方となった。市場参加者が総ブルになっていたせいもあって、その反動は大きかったといえよう。けっこうあっさりと1円急の下げを演じてしまった。

 ドル円は109円台の後半から上サイドしか警戒していなかっただけに、108円台の前半はフレッシュ感をもたれて臨まれた。私も108円台に突入してから何度かショート参戦したが、それほどもショートキープに危険さを感じなかった。

 米国株は荷もたれ感が出てきたが、それでもニューヨーク終盤ではまとまった買いも入り、とくにナスダック指数は完全にコロナ前の水準を回復し、史上最高値を更新してきている。

 今晩も経済イベントが少ない。まあ、FOMCの結果が出てくる明日の夜中までは動けないという感じか。無理してポジションをどちらかに傾ける必要もないだろう。ただ昨日のようにドル円が一段安して107円台のミドルも割ってくるようならば、興味を持ってぜひとも参戦したいところだ。

日本時間 16時00分

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る