ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

コロナ制限強化と解除の両にらみ、
ユーロドルのショート作戦が楽チンかも

2020年09月28日(月)15:31公開 (2020年09月28日(月)15:31更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 先週のコロナ感染は拡大してロックダウンに向かう地域もあり、またその一方で制限を解除する動きも見られた。イギリスのイングランド地方は感染者数の増加が懸念されて、外食の時間制限を設けている。

 イスラエルでもロックダウンが再開される運びとなっている。日本ではGoToイベントやGoTo商店街の開始が話題となっており、アメリカでもフロリダ州などが制限解除に踏み切っている。

 先週の金曜日はそうした流れを受けた形となった。欧州時間ではリスク回避が強まり、株安・ドル安が明確になった。週末をひかえてポジション調整も強まるとかとも思われたが、米議会での追加景気対策に関する妥協が見られたことや、フロリダ州での制限解除がリスクテーク要因となった。

 米国株は大きく切り返し、ドル相場も全面高となった。ユーロドルは1.16台こそ割り込まなかったものの、安値圏で張り付いたままである。こうなってくるとユーロドルがショートで攻めやすい。ポジション量は大きくなくてもよい。

 この損切り幅は1日あたりの平均値幅の半分も見ておけばよいだろう。25ポイントくらいか。これで今の下げトレンドが逆転するまで、ひたすら毎日、ショート攻めするのである。下値がどこまで進むのかは、レベルを設定する必要もないだろう。

 今週は週末に米雇用統計がある。それに向けて海外市場では様子見姿勢が強まるものと思われる。日本では中間期末を迎える一連のイベントが起こりそうだ。配当取りの権利落ち、期末のお化粧買いなどである。また日本の指標で唯一、マーケットを動かす力のある日銀短観もある。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る