ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

値幅は少ないがドルの全面安、
ドルロング調整どこまでなのか要ウォッチ

2020年10月12日(月)15:34公開 (2020年10月12日(月)15:34更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 木曜日のドル円は106円ちょうどをはさんで15ポイントほどの狭いレンジだった。それゆえ金曜日の為替相場も動きにくそうな気がしてならなかった。材料はこれまでもあったのだが、株価や金利がそれなりの値幅で反応しているにもかかわらず、為替相場での反応は極めて小さいものだったからである。これでは何が出れば方向性を持って動き出すのだろうかと思ってしまう。

 金曜日のマーケットではドルが全面安となった。ユーロドルは1.18台まで値を戻してきて、ポンドドルは1.30台に復帰している。ドル円もほとんど戻しを作らずに105円台の中盤まで差し込んで、そのまま安値引けしている。

 あまり目立ったドル売り材料もなかったので私はドルショートにする機会を逸したが、ドル相場が安値引けしていることに注目したい。今週も大統領選の討論会の行方を見守りながら、まだ売り切れていないドルのロングポジションの調整も出てきそうだ。つまり売りが売りを呼ぶ値動きに素直について行くべき展開になるかもしれない。

 先週はウィークリーに見ても、株価は大きく上げた。米国株は先週末にトランプ大統領のコロナ感染で大いに沈んでいただけに、その反動分が出たとも言える。それに加えてコロナ対策のためのワクチン開発が前進しそうだという楽観的な見方や、追加の景気対策も何とか協議の対象にのぼりそうだということで、市場全体のリスク許容度が増したからだ。

 日本株もコロナ感染で下げた以来の高値を超えてきた。しかしここからはかなりの抵抗が予想される。それだけ重要なテクニカルポイントが上サイドに存在するからだ。日経先物の24000円は心理的な節目、24115円は今年の最高値、そして24480円は2018年10月につけた27年ぶりの高値である。

 これをこなしてくるには米国株の一段高がどこまであるのかにかかっている。むろん大統領選挙の結果に左右されるのは言うまでもない。株高が継続するとドル円やユーロ円は売りづらくなる。


日本時間 15時30分

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る