ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

インフレ指標は不如意なワクチンで帳消し、
ドル全面安だが突っ込み売りはしたくない

2021年04月14日(水)15:15公開 (2021年04月14日(水)15:15更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 インフレ状況が気になるところであるが、昨日はアメリカのCPIが出た。CPI本体もコア部分もともに事前の予想を上回ったが、長期金利の上昇とはならなかった。

 それはニューヨークオープン前にFDAとCDCがJ&Jのワクチンの一時的な使用中止を求めたからである。これが少なからず経済回復へのペースダウンとみなされ、リスク回避的に質への逃避が起こったものと思われる。長期金利の低下は米国株には安心感を与えたようだ。米国株は緩い速度ではあるが上昇基調を強め、史上最高値を更新した。

 クロス円はモロにリスク動向に左右された。ワクチンの停止問題でユーロ円は130円の大台割れを喫したが、米国株の上昇とともに値を戻してきて130円台を回復。長期金利の低下だと言うことで、ドル相場は全面安の展開となった。ドル円は109円割れを狙ったが果たせず。しかし安値引けをしている。

 さて今日から米企業決算が本格化する。まずは大手金融がいくつか決算発表をする。ニューヨーク序盤はそれが話題となるが、コアタイムではやはり長期金利の行方が問題となるであろう。ワクチンが不如意であったのは想定の範囲内とも言える。

 となると再び金利上昇が顕著になってくる可能性も高い。そうなると昨日は下がったはずのドル相場の巻き返しが起こるかもしれない。米債市場をにらみながらのオペレーションが続くことになる。逆にいうと安直にドルの突っ込み売りはしたくはない状況である。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る