ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

インフラ計画は超党派で合意だが難問も、
リスクテーク続くなかドル相場をウォッチ!

2021年06月25日(金)15:18公開 (2021年06月25日(金)15:18更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日は米国株の高値トライが続いて、S&P指数やナスダックは史上最高値を記録した。バイデン政権がインフラ投資計画について、上院での超党派会合で妥協を見せたからだ。規模は当初予定のおよそ半分の1兆ドルにまで縮んでいる。これで野党共和党のほうの反対を抑え込もうとする目的だ。分断で計画を進めるのを避ける姿勢がうかがえる。

 次の問題は財源である。今度は民主党側からの突き上げが厳しくなるのが予想される。あまり共和党側に融和的な態度を示すと、政権内部から突き上げを食らうことにもなりかねない。

 為替相場は総じて小動きだった。経済指標に対しても反応が薄く、インフラ投資計画についての報道にもダイナミックな動きは見せなかった。ユーロドルは1日を通じても40ポイントも動いていない。

 ドル円やユーロドルと違って、ポンドがやや動いた。BOEの会合が終わった後にポンドが急落した。市場が期待したほどタカ派的な見方も示されなかったということだ。私も金融緩和の解除のほうの話しが出てくることを期待してポンドドルをスモールでショートに振って持っていたのだが、すぐに損切りさせられることとなった。

 今晩はマーケットのイベントがほとんどない。しかるに史上最高値をつけている米国株の動向に関心が集中する。株価が一段高する余力があるようであれば、ドル相場も上がってもよいのではないかと思う。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る