ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

悪い雇用統計の結果を期待して見える、
米株高とドル買いはそのまま続きそうな気配

2021年07月02日(金)11:33公開 (2021年07月02日(金)11:33更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日はアジア時間でドル円が111円台を割り込まず、そのまま高値張り付きの状態のままで欧州入りをした。グローベックスでの米国株も堅調で、史上最高値を超えてきている。リスクテークには十分すぎる根拠があるというので、欧州時間ではドル買いが強まった。ドル円は111.60辺りまで高値をつけた。

 その後は何度か大きめの利食い売りに押されはしたものの、ニューヨーク時間ではドルが全面高となってドル円はサポーティブな動きを継続。そのままドル相場は高値引けした。

 今晩は雇用統計である。就業者数の予想は70万人台の増加となっている。しかしこの数字には素直に反応仕切れないだろう。これは前回、前々回の雇用統計でも同じだったが、やはり9月までの失業保険の上積み分が労働市場をゆがめているからだ。労働市場が見かけよりもタイトになっているのは間違いはなく、それがデータになって現われてこないのでは、結果に反応しても仕方がない。

 マーケットは少しでも悪い結果のほうを期待しているようにも思える。それはここ2週間の長期金利の低下からもわかる。前回のFOMCでメンバーの幾人かがややタカ派に調子を変えたといっても、主要メンバーの見解は変わっていない。

 よほどのことがない限りは9月のFOMCまではテイパリングの議論すら開始しないだろうと見込んでいるからである。そうした低金利の環境がもうちょっと続くと考えての株高でもあろう。金利の動きとは反対に、ドルは買われ続ける可能性が高そうだ。


日本時間 11時30分

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る