ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円近くて遠そうなトランプ高値、
ドル金利も上昇し催促を受けるFOMC

2022年03月15日(火)15:13公開 (2022年03月15日(火)15:13更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 ドル円が先週の金曜日117.40をつけたことで、昨年来の高値を更新してきた。その後の推移を見守っていたのだが、相場のほうは教科書通りに一段高して上値追いの形となり、118円台に到達した。こうなってくると、トランプ大統領の当選が決まった後の2016年12月につけた高値である118.67が次のターゲットとなる。

 しかし資本市場にはトランプ政権発足時のような盛り上がりは、今はない。ドルの利上げが下支えになっているだけである。近いようで、遠いのが実情であろう。

 そのような為替相場でのテクニカルな動きに呼応して、ドル金利は上昇した。ドル相場が持ち上がったので、ドル金利のほうも上昇しやすかったということか。FOCMが迫っていることもあるが、これでは予定されている25ベーシスの利上げでは足りないと言っているようなものだ。

 ウクライナ情勢はやや好転して、4回目の協議では何らかの結果が得られそうな雰囲気となった、それをうけて原油相場は軟化。久しぶりの100ドル台割れを喫した。米国株は反発して始まったものの、ゲインは長続きせず。中国のロシア支援のあり方が不透明なことから、戦争の長期化も嫌気され、米国株は軟調に推移した。

 こうなってくるとドル円の行方が気にかかる。明日のFOMCでトップを築いてしまうのか。もうステージは切り上がってしまっていて、次の段階へと進んでしまったのか。これは当面の推移をじっくりと見ていかないといけない。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る