ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

当たり前でもパウエル議長の発言だと、
ドル円は押し目もつくらず120円台へ

2022年03月22日(火)15:21公開 (2022年03月22日(火)15:21更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 パウエル議長が講演のなかで「一気に50ベーシスの利上げもありうる」と発言したことで、米ドルの金利が短期も長期も急上昇した。このところの年7回分の利上げ織り込みで落ち着いていたところでの発言であったから、フレッシュゾーンにまで上がってくる金利水準にはマーケットに対する破壊力のようなものがあった。

 でもそもそも50ベーシスの利上げがありうると言っても、それは何の不思議もないことである。当たり前の事を言っているだけなのだが、当局者の本人の口から出たことで改めて認識をし直したということだろうか。

 ドル金利の上昇は株価の伸びを抑えた。先週は上がりっぱなしだった米国株も下げに転じ、ドル相場も堅調となった、ドル円は119円台のミドルまでまったく押し目を作らずに上がってきて、なおも上値をトライ中である。

 私も日本が休み中で自分も休もうと思っていたのだが、あまりにも緩まない119円台のドル円を見ていると、とりあえず買っておいてみようかなと考えるようになった。確かにスピードはのろいものの、あんまりアゲインストを食らうことはなかった。

 ドル円は116.40を越えてきた時点から、完全にアップトレンドに変化したようだ。ドル円のついでにユーロ円も緩まなくなってきた。そのクロス円もいずれもそろって高い。日本円の独歩安が目立ってきたというところだ。

 今晩もイベントがほとんどない。ウクライナ情勢にマーケットが振らされるだけかとも思えるが、ここ1週間ほどは紛争絡みでは反応しづらくなってきている。当分のあいだ、今のままで 続くだろうという見方に収束しつつあるようだ。基本はドル買いスタンスで。ドル円も簡単に120円台にも乗せてきた。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る