ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

週明け株価ラリーはアップルの発表で続かず、
為替相場でも揺り戻しの範囲内の動き

2022年07月19日(火)15:24公開 (2022年07月19日(火)15:24更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 週末には大きな材料がなかったので、昨日の海外市場ではこれまでの揺り戻しの動きが強まった。まずバイデン大統領がアラブを訪問した事で反応するかと思われていた原油相場が静かだった。将来の需給に影響を与えないと見なされたからだろう。政治的には失敗の感が拭えないが、マーケット的には余計なことをしないでくれといった面持ちである。

 米国株は年初からの下げ過程で買いたいと思っていた人の買いが一回り出てしまったという感じだ。ラリーしてはじまった米国株だが、やはり来週に控えるFOMCでの利上げ幅が気になるようだ。積極的な上値追いは見られなかった。アップルが人材投資を減らすと表明したことで、ハイテク関連が足を引っ張った模様。

 ユーロドルはアジア時間に1.01台に乗せてきて、なおもステーブル。ショートカバーが続きそうな雰囲気も合ったので、ユーロドルは売りに行く気はしなかった。日本がお休みだったからと言うので、自分もお休みモードに入っていたのかもしれない。

 あまり大きなディップを作らずに、ニューヨーク前半には1.02台にまで到達した。数字の変化を見ているだけでも、十分にユーロを買い戻す必要のある人は、たっぷりとユーロ買いをさせられたという感じだった。

 ニューヨーク終盤では1.01台の中盤まで押し返されているが、こうなってくると再びユーロ売りに向かいたい。戻りを待ちたいところだが、なさそうなので突っ込み売りでもよいだろう。当面の目標はパリティか。

日本時間 15時10分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る