ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

FOMC議事録で先走った期待だったことは確認、
ドル金利が上昇に転じてドル円ロングに安心感も

2022年08月18日(木)15:18公開 (2022年08月18日(木)15:18更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 マーケットがFRBの利上げの後の、来年後半での利下げを問題にしていたところに、前回のFOMC議事録が出た。まだ利上げの途上である。その先の利下げを先走って議論するのは、やはり前のめりになり過ぎていたようだ。そもそも利上げがどこまでなのかも議論されていない。

 現段階では次回の利上げ幅が50ベーシスにするのか、75ベーシスにするのかでやっとである。そういう事情もあって昨日の市場では早々から反動が出た。欧州時間では序盤からドルの買い戻しが激しくなり、今週の前半で下げたドル円のロスは完全に埋め切ってしまった。

 ドル円は135円台まで乗せてきて、議事録の公開を迎えた。それと同時に株価の調整も進んだ。米国株も反省の色が強まり、上値は次第に重たくなっていった。私も欧州時間からはドル円をロングで参入した。しかし既に134円台の後半であったため、それほどのパフォーマンスは得られなかった。

 コストが悪いにもかかわらず心強かったのは、ドル金利が強力に上昇を始めたからである。これも議事録での金融引き締めの蒸し返しを恐れてのことだろう。短期金利はちょうど25ベーシス分だけ切り上がった。

 ほんとうならばユーロドルでドルロングにしたかったのだが、どうしてもコアレンジである1.0150から1.0250を抜け出していくイメージが持てない。それで勢いのいいドル円のほうを選んだのだ。

 今日のマーケットではそのドル金利の上昇をどう捉えるのかの場となろう。私としてはドルの10年ものの利回りが3.0%台に乗せてくるのも時間の問題だと思っている。ドルを買っておきたいところだ。


日本時間 15時00分

 

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る