ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

インフレ退治に4%台では済まないとブラード総裁、
緊縮財政で落ち着いたポンドだが次は米国の番かも

2022年11月18日(金)14:59公開 (2022年11月18日(金)14:59更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日はドル金利が上昇する番であった。ブラード総裁がインフレ退治するには4%台ではまだ上げ足りないと発言したからだ。たしかにその通りである。8%とか9%の物価上昇に対処するのに、4%で済むのならば誰も苦労はしない。政策金利が3.75%なのに、もう来年の利下げを織り込んでいることに苦言を呈したというところなのだろう。

 しかしドル相場は上がるには上がったが、前日のレンジをはみ出すことはなかった。まだ将来の金利動向の見方は分かれているということだ。一人のFEDメンバーの意見だけで決めつけるのは早計だということだ。

 またイギリスの新しい財政案が提出された。前政権では不評だった大幅な財政支出を、大きな修正となった。減税や補助金などの支出をなくし、増税をメインとする緊縮型のものとなった。財政危機でポンド金利が吹き上がり、ポンドも対ドルでパリティ割れしそうになったショックの直後だ。当然と言えば当然の成り行きだろう。またそれを期待された新政権の役割でもある。

 イギリスのインフレ率が11%台に乗せてきて、それへの対処が求められる。それには金融当局が引き締めをするだけでは足りない。財政の出動も必要なところ。景気が悪いときには財政支出を大幅に増やすが、今回はそれと真逆のことをやらないといけない。減税を止めたり、増税をすることは、それにかなうことである。

 ここで連想的に不安になるのは、次はアメリカではないかということである。インフレは金融政策だけでは止めにくい。だからいよいよ財政政策も出動するのではないかというのだ。コロナ禍でずいぶんと財政規律が緩んでしまった後でもあるので、財政引き締めを行う余地は多いとみられる。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後10万円以上入金&10万通貨以上取引で5000円がもらえる!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る