ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

アメリカは減税の次には増税話、
相場が反転するのも無理はない

2010年12月08日(水)19:42公開 (2010年12月08日(水)19:42更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 オバマ大統領がブッシュ減税の延長について、共和党と妥協をした。昨日は米国市場オープンに向けて、これを好感し、ずっと株高、ドル安という流れとなっていた。秋以降にQE2に向かっていく時の、緩和期待だけで動いてきた相場つきと同じである。

 だが季節的にはドルのリパトリ要因もあり、ドルは戻りやすい地合いにあるはず。それに中間選挙で負けたとはいえ、そうすんなりと民主党内で、このオバマ大統領の妥協が受け容れられるものとも思えない。どこかで期待先行の巻き戻しで、ドルがまた上昇してきても良さそうなものだ。

 しかしながらドル安は米国市場がオープンする前までずっと続き、ドル安によって、ユーロドルは1.34台付近まで上昇してきた。金や銀だけでなく、原油まで高値を更新してきていて、原油価格はなんと!90ドル台をつけてきた。とりあえずユーロドルは1.34台手前で足踏みをしていた。ここでユーロドルを売って行くのは、逆張りになるし、かなり怖い。

 でもロスカット的には、先週末の雇用統計の後につけた、高値付近となる1.3440に置けばよいので、置きやすい。株やコモディティがもう一段高となれば、すぐにでも想定するロスカットレベルまで来てしまうかもしれない。そこで分量をいつもよりも減らすことにして、思い切ってユーロドルを売って(@1.3380)みた。

 そうはいってもユーロドルが1.34台に乗せてきたら、警戒態勢で見つつ、すぐにでも切るつもりだった。なにしろ久しぶりに原油価格の90ドルなんて見てしまったので、ちょっとビビってしまう~。しかしニューヨーク市場がスタートしてみると、米国株もコモディティも高値追いというよりは、利食い売りに押され気味という感じとなった。

 原油価格も90ドル台を割れてきた。ユーロドルは、相変わらず足踏み状態だ。しかし1.34台にも乗せてはこないため、ロスカットをそこまで下げて、最悪20ポイントの損切りということで就寝することにした。
 朝見ると、ニューヨーク市場の午後は、ドル全面高に巻き戻されたようだ。ユーロドルは1.32台だった。どうやらオバマ大統領が記者会見で、高額納税者については2年以内に課税を強化したいという本音を語ったようだ。金融緩和への期待は吹っ飛んで、ドル金利も上昇に転じていた。

 今晩もイベントは少ない。昨日のドル金利やコモディティの動きが反転した状況が、単なるにわか調整なのか、もうちょっと長い期間のトレンドを形成するものなのか、しっかり様子を見て行く必要がある。今のところ、私はユーロドルのロスカットは1.33ちょうどまでロスカットを下げて様子を見ている。少なくとも、ドル金利が目立って低下してくるまでは、我慢して持っていようと思う。


日本時間 19時20分
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る