ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

今週は米国で大量入札!
債券動向がドルの動きが重要

2010年12月28日(火)19:07公開 (2010年12月28日(火)19:07更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 それにしても、昨日の海外相場もレンジが狭かった。ユーロドルでも50ポイントほどだけで、ドル円にいたっては30ポイントくらいしか動かなかった。クリスマス明けだから仕方がないというものの、中国が利上げをしたのだから、もう少しくらいは反応して欲しいところだったのに…。

 まあ、あんなに大雪に見舞われているアメリカ東部の状況では、しかたがないかぁ。ポジションを持っていなかったので気をもむことはなかったが、それでも次に何かをしようと構えている身にとっては面白くない。

 しかし今日のアジア市場はいきなりドル売りの動きが強くなった。ドル円も昨日の安値をブレークしてきているし、ユーロドルも1.32台に乗せこんできて、その後もなおもドル売り圧力が強いまままだ。昨日、米国債が崩れそうになっていたのに、それが持ち直して反転してきたからだろう。すなわちマーケットが気にしていたところの長期金利の低下が起こったからであろう。

 ドル円を売っていきたい誘惑にも駆られるが、ちょっと欧州時間のランチタイムまで待ってみようと思う。日本時間の夜の9時くらい。どうも動きには材料が乏しすぎるわけだし、ただのたまっていたポジションの縮小というテクニカルな動きだけだという側面が目立つからだ。休み明けでやっと戻ってくるロンドン勢や大陸勢の行動をもっと確かめてからでも遅くないだろう。

 ドル売りで勝負するならば、ドル円のショート。ユーロドルはあまり買っていく気がしない。むしろユーロ円が109円台に戻してきているので、ユーロ円のショートにしたいくらいだ。

 今晩はアメリカの消費者信頼感の数字などが出るが、マーケットの関心は株価と債券価格に集約されることになるだろう。株価が下げるならば、クロス円主導の下落。債券価格が上昇するならば、なおいっそうのドル売り相場となるものと思われる。 
 

日本時間19時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る