ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

日本売りをするのは忍びないが、
どこかで円売り参戦せねば!

2011年04月06日(水)18:19公開 (2011年04月06日(水)18:19更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 82.00を超えてきてからのドル円は、実に堅調な足取りを示している。今から思うと、あそこがドル円の転換点だったのだろう。何度か私もドル円のロング攻めでもトライはしてみたものの、うまく取れていない。もはや3円以上も上がってしまったというのに、まったく情けないことだ。

 まあ、いろいろ過ぎ去ってしまったことを、あれこれ後悔してもても始まらない。問題はここからでもまだドル円を買いあげていっていいかのほうが重要である。これまでドル円のアップサイドに並んでいたテクニカルポイントはことごとく抜いてきたので、上昇圧力は強いはず。

 ドル円の目の前に見える次のポイントは、昨年の9月介入のときの戻し高値である85.93くらいだろう。これを超えると、ちょっと目立った抵抗ラインは見当たらない。90円台までひた走るかもしれない可能性を秘めているチャートになっている。

 おまけに今の為替相場はユーロ高でもドル高でもなく、単純な円の独歩安なのである。ユーロ円もポンド円もことごとく日足のレジスタンスを抜けてきている。円売りには弾みがついている格好だ。当分は落ち着くまでは、すなわち何かしらのレンジを形成するまでは円ロングは控えないといけない、もしくは積極的に円売りのポジションを作っていくのが望ましいということになるだろう。

 そうした相場状況でもあるにかかわらず、昨日の私はユーロドルにこだわってしまった。やはりアメリカの利上げ観測が気になって仕方がなく、ユーロ側の面だけを織り込みつつあるユーロドルが下がるような気がしてならなかったのだ。欧州時間でも何度かユーロドルのショートを仕掛けてみた。

 20ポイントくらいを何度か取れたが、さすがに1.4150以下には行かない。朝は早くから予定が入っていたので早めに就寝したが、そのままユーロドルに付き合っていたら、飛んでもないことになっていた(冷汗)。

 朝見たら1.42台まで戻されており、ドル円はほとんど85円台に手の届きそうな一での高値引けをして、アーリーアジアを迎えようとしていた。6時半を回ると完全にニューヨーククローズとなり、今となっては定例となった(- -;)個人投資家たちの強制ストップをつけに行く時間帯となった。

 ドル円が79円を割り込んで最安値をつけにいったのも同じような時間帯だった。今朝は簡単に85円に乗せてきて、そのまま走り出してしまった。東京オープンまでにはすでに出来上がっていたという感じ。

 最近の円安は純粋な日本売りによるもの。日本の株や債券などのアセットも同時に値下がりしている。いわゆる悪い円安というやつ。福島の原発問題に起因する悪いファクターが片付かないと、当分はこの日本売りの流れが続きそうだ。私もどこかでドル円かクロス円をひっかけておかないと、相場に永久に入れなくなってしまいそうだ。


日本時間 18時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る