ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

エンパイア指数でリスク回避は本格化?
とりあえず私はドル円ショートの構え

2011年06月16日(木)18:07公開 (2011年06月16日(木)18:07更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日はユーロの悪材料のオンパレードとなった。昼間からギリシャ支援の負担金の話しや、フランスの銀行の格下げ見通しなどで、すでにユーロは売られがちで重い相場展開だったが、夕方になるとEUとドイツがギリシャ支援のありかたについて対立している模様がテレビに映し出されると、ますますユーロの売り圧力が強くなった。

 私はユーロドルのポジションは持っていたが、また売ることにして、とりあえず1.43台の前半で利食いしてしまった。後から見ると、ここからが本格的なユーロ売りの場所だったのだが、出かける用事もあったので、まあ仕方がない。

 アメリカの経済指標はどれをとってみても悪いものばかりが並んだ。やはり一昨日の小売売上高だけ、特殊だったのだろう。アジア時間からすでにグローベックスなどでは大幅安となっていた米国株はなおいっそう安くなっていった。いつもの私ならばリスク回避が顕著になるのではないかと考えて、ドル円かユーロ円を売り込むところだ。

 しかし、あまりにもユーロドルが安すぎて、為替相場がドル買いになってしまっている。下がってもいいはずのドル円が、ユーロドルにひきずられてドル高方向に向かっているのだ。ドル円が81円台とか触りだすと、ちょっと売りづらい。

 やむなくユーロドルの売り場を模索したが、ほとんど戻らず。1.42台の後半でうろついていた時間が長かったが、多くの市場参加者もユーロの戻り場を狙っていたものと思われる。なかなか1.43台には戻らなかった。

 そうしているときに夜中の0時過ぎだったろうか、ギリシャ首相の辞任報道がなされて、ユーロはいっせいに売り込まれることとなった。結局、ユーロドルは1.41台にまで下がって、そのまま安いレベルで引けることとなった。

 今晩もセンチメント指標であるフィリー指数が出る。これもきっと悪そうだ。米国株は今年の発射地点まで押し戻され、投資意欲の減退がうかがわれる。日本が震災に遭ったときが米国株の今年の最安値だが、それもあと少しである。今晩はそれをトライしにいきそうだ。

 私はドル円をアジア時間にショートにしてみた。残念ながらアジア時間ではほとんど値動きが少ない。欧州時間になって、ようやく少し緩んではきたが、まあ、期待できるのはニューヨーク勢の参入するあたりからだろうか。


日本時間 18時10分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る