ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

欧州でも弱めの経済統計、
世界的なリセッション入りもありうる?

2011年08月17日(水)18:55公開 (2011年08月17日(水)18:55更新)
持田有紀子

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 最近は膠着状態を続けている為替相場だが、昨日の海外市場では何らかの変化が期待されるところでもあった。まずは東京クローズのあたりに出たドイツのGDP統計。これは予想を大きく下回るものであった。先月末に出てきたアメリカも減速を示していたので、これで世界的なリセッション入りも間近だということになるかもしれない。

 日本は震災の特需があるので例外とされている。これでユーロ売りの方向性が定まったので、私もちょっとだけ追随してみた。そもそもユーロドルでは.144台の中盤で売ろうと目論んでいたのだが、アジア株もイマイチ元気がないので、思い切ってマーケットプライスで売ったら、1.4403だった。ロスカット注文は前日と同じ1.4480。

 そしてこのショートを持ったまま、ユーロ圏のGDPも発表されたが、ドイツがユーロの大部分を占めるので、このデータも悪いに決まっている。ユーロドルはそれほども下がらず、1.43台のミドルまでだった。これからアメリカの経済指標が出てくるのだが、ユーロ関連での注目は、やはり独仏首脳会談であった。

 マーケットのコンセンサスとしては、何もサプライズはないとされている。それもそのはずで、もしも特効薬のような対策があったら、もうすでに実施されているだろう。まあ、内容としては新しい話し合いの場を作るとか、ESFSの枠組みを大きくするとかになるのではないだろうか。つまりあまり画期的な前進はないだろうというのが、おおかたの予想だった。

 その割にはユーロドルは腰が強い。ニューヨーク時間にシフトしても、なかなか落ちない。やはり何かまだ期待しているのだろうか。欧州時間では株価もちょっと調整売りの色合いが強かったのに、ニューヨーク市場ではむしろ堅調となってきている。日本時間の夜の23時に始まったはずの首脳会談も、なかなか声明のようなものが出てこない。1.44ちょうどを越えてきた。

 気がつけば、私のユーロドルショートのポジションはコストにまで戻ってきた。うう、欧州時間にとっとと利食いをしておけばよかった。いつ話しが出てくるかもわからないし、こうなったら、まな板の上の鯉!と思い、利食い注文の1.4240とではさんで寝ることにした。早朝に起きてみると、ぎりぎりセーフでロスカットは免れていたが(汗)、ほとんど売ったレベルで推移していた。

 どうやらニューヨークのランチタイムぐらいになって、ようやくポロポロと会談の話しが漏れだし、ユーロドルは50ポイントほど急上昇して、その後は急落という道筋だったようだ。どうせ何も出てこないと、そもそも期待もしていなかった人がとても多かったということだろう。

 今晩は欧州の信用不安が試される一日となりそうだ。とりあえずユーロドルも最近のレンジである上限を抜けきらなかったわけだし、かといってまだ完全に落ちてきているわけでもない。

 アジア時間に昨日の夕方の安値と同じようなレベルをトライしにいったユーロドルだったが、すでに押し戻されてきている。私も昨日のことがあったので、突っ込み売りはしなくて助かっているのだが、それでもやはり1.4430あたりからは売り姿勢で構えたいと思っている。


日本時間 18時45分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ バイナリーオプション比較
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る