ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ECBギリシャ債務交換の発表にびっくり!
ドル円もいよいよ介入後高値を意識

2012年02月17日(金)18:03公開 (2012年02月17日(金)18:03更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日の欧州序盤はまったくのリスク回避であった。前日のニューヨーク市場でギリシャ支援が4月までずれ込むという観測が流れたことで、その信用不安の増大が尾を引いた形となった。グローベックスではアジア時間のうちから米国株は安値模索をしており、欧州株も大幅安で推移した。

 ユーロ売りもかさんで、ユーロドルは1.29台に突入。私はユーロドルのショートで攻めていたのだが、なんど差し込んでもすぐに1.30台に跳ね返ってくる。それでも戻りも1.3030くらいまでなので、まだ我慢できる。あとはギリシャ関連で妙なニュースやウワサ話が出て来ないことを祈るだけである。

 私がユーロドルでマーケットに張りつきになっている横で、ドル円が堅調な動き。欧州序盤に78.70に上がってきてからは、 まったく押し目を作らずに高値攻め。79円台に乗せてはこないが、下がらない。ユーロ円もジリジリと上がってきているので、このままではユーロドルも上がってしまいそうな感じだ。アメリカの指標の時間まで持ちたくないので、その前にやめてしまおう。

 ユーロドルは1.2974くらいまで差し込んでいるが、それが限界だとしたら、1.29台に入ったら買い戻し優勢になるかもしれない。そうしていると運良く1.29台に入りこんできたので、買い戻してポジションをクローズした。結果的にはユーロドルは上がってしまったのだから、本当に運が良かったとしか言えない。

 しかしこれもアジア時間の終わりのほうでユーロショートを積み増して、自分を苦しくさせていたからだと思う。売り増ししていなければ、同値までじっくりと持っていたことだろう。

 ユーロドルやユーロ円が切り返して上がってしまったのは、ドイツ財務省がギリシャ支援が4月にずれ込むことはないと発言したことにもよるようだ。しかしなんといっても大きかったのはECBのギリシャ債の扱いだろう。大量に保有しているギリシャ債であるが、それを中途売却せずに満期まで保有するというもの。 

 かならず元本は100で返ってくるので損失はないということらしい。そして必要とあらば新発債に乗り換えるというのだが、これでは以前に問題となったロールオーバーの手法と同じようでもある。

 しかし理屈はどうあれ、とりあえずマーケットはこれに大いに反応した。米国株は一段高し、リスクテークの様相が濃くなった。ユーロドルは1.31台まで切り返すことになって、そのまま高値圏で終了。ドル円も高いので、ユーロ円も高値引け。

 今日はアジア時間でドル円が79円台に乗せてきた。このところ毎日仲値までは堅調なので、このタイミングでドルロングにしたりもしている。しかしそれを過ぎてもドル円の買いは続き、10時を過ぎたあたりで一気に79円台に。ユーロ円も104円台を見るにいたった。

 ストレートに円売りが続いているので、なかなか流れに逆らってまでドル円やユーロ円を売っていくことはできない。とりあえずドル円の目先の目標は、昨年10月末の日銀介入での瞬間高値である79.50あたりになるだろう。


日本時間 17時30分
 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る