ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円は81円台ものぞきに
リスク資産の調整次第でさらに下落も?

2012年03月26日(月)16:47公開 (2012年03月26日(月)16:47更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日の欧州序盤では、ドル円は82.75で、ユーロドルは1.3210くらいだった。ユーロ円は109円台のミドル。前日には米国株が下方向を攻める局面もあったので、ちょっとリスク資産は調整が出て上値が重なるのでないかというのが私の見方だった。その形としてリスク回避となって円の全面高になるのか、それとも純粋にドル売りの様相を呈するのかは想像がつかない。

 でもどちらに転んでもドル円が下がることになるのだから、攻めるとしたらドル円を売っていくという作戦でよいのでは考えた。そこで私はドル円の売り場をずっと探しながら、外部環境の変化が訪れによってショートを作るタイミングをはかるべく、ウォッチしていた。

 グローベックスでは、時間の経過とともに米国株は安くなっていく。ユーロドルが1.32台の後半まで持ち上がっているが、これはドル安と解釈してよいものか。特に欧州発の材料は要人発言も含めて何も出ていない。まあ、株価が安いのだからこれはドル安になるのだろうと勝手に考えて、私はドル円を82.64から売っていった。

 すると間もなくユーロ円が下がりだした。109円ちょうどでは何回かもんだが、22時を回った後のニューヨーク勢の参入の頃になると108円台に突入。それまで動きの鈍かったドル円も、82.40あたりまで落ち込んできた。ドル円の次のターゲットはその前日の安値である82.32割れである。さすがにテクニカルポイントでもあるので、簡単には抜けない。23時の住宅関連の指標で試されることとなった。

 そもそも週内に出た住宅関連のデータはいずれも悪いものが続いていた。今回だけ良いということはありえないと見るのが一般的だろう。そういう観測をもとに指標の発表前にドル円も値を下げてきたともいえる。結果はやはり事前の予想を下回り、住宅市場の回復だけはまだ遅れていることが明らかになった。

 ドル円もユーロ円も落ちたが、すでにショートポジションも短期的にたくさん積み上がっていたようでもあるので、利食いの買い戻しがきつくて簡単に下げ幅を拡大しない。0時を回った頃には確かに一瞬だけ81円台に突入したが、達成感もあって急激に戻りだした。時を同じくして米国株も底打ちから一転、値を戻してきたので、これはマズイと思って私もすぐに買い戻さざるをえなかった。

 自分が期待したほど、ドル円が落ちなかったのが残念~。ニューヨーククローズにかけては米国株もしっかりと戻っているので、悪材料だった割にはポジションだけで動いてしまったような1日となった感じ。

 今日から欧州も夏時間へ移行。ロンドン勢の参入も早くなる。アメリカは先週から夏時間になっているので、夜のマーケットまでの間延びがしなくて済む季節になったということだ(微笑)。今週も住宅関連の指標とバーナンキ議長の発言が並んでいる。先週までの流れと格別に変わったことになるとは思えない。

 ただ値動き的には、調整の進んだ株価やドル円、ユーロ円といったリスクテーク時に高くなるものが再び高値追いの展開を取り戻せるのかが試される週となろう。ドル円が84円台を、ユーロ円が110円台を取り戻せないようだったら、来週の雇用統計に向けても、なおも調整モードが続くことになるのだろう。個人的としては、なおも安値模索が続くのではないかという感じもしているのだが。


日本時間 16時50分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ
CFD口座おすすめ比較 バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る