ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

マタゾロ日銀への期待感が!
それでもユーロ円ショートで臨みたい気分

2012年04月11日(水)18:06公開 (2012年04月11日(水)18:06更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日の海外市場では、スペインの信用不安がトピックの中心になった。スペイン中銀の総裁が国内景気の悪化を示唆し、銀行に対して追加支援も必要だろうと言ったからだ。先月の後半あたりから、イタリアやスペインの信用スプレッドが拡大してきており、何の前触れもなかったわけではない。しかしマーケットのほうは過敏に反応した。そもそも米雇用統計のあとはリスク回避が進んで、リスク性の高い相場はおしなべて傷ついている。そこへ持ってきての信用不安の増大だからたまったものではない。

 欧州時間では株安は進んだものの、結果的に大きな崩れはニューヨーク時間に移行してからだった。ドル円は明確に80円台に突入し、ユーロ円もすでに106円台に沢山のオファーを残して重くなりつつある。円の買い戻しが強力に進む中、米国株が一段安し、クロス円も一段安。米国株はクローズにかけてだいぶ戻したが、日経先物は9345円の安値を付けた後に、9360円で引けている。翌日のアジア早朝の値動きがどうなることか。

 そうした感想は私に限らず、今日は昨夜の株安という大きなリスク回避から、どのようにアジア時間が進展するのかに関心が集まったはずだ。このまま株価や原油相場が安いほうへ下値模索するならば、市場の多くのプレーヤーもポジションもリスクオフに傾けるだろう。どんなに安くてもユーロ円やポンド円を売っていくだろうと想像がつく。しかし実際には日本株は安く始まっただけで、その後はひたすら堅調な展開を示した。

 私もクロス円は売り態勢でいたので、106円台で売ったユーロ円ショートを抱えてアジア時間を待っていたのに、なんとも拍子抜けしてしまった。もちろんこの朝のステージで、ユーロ円はクローズ。それにしてもこのような動きにはちょっと驚いた。別にニューヨークのクローズ後に発表されたアルコアの決算が良かったからというわけでもあるまい。もしそうならば朝いちの段階から株高の状況になっていないとおかしいからである。

 どうやら夜にも出ていた観測記事が蒸し返されたようで、日銀は次回の会合では、買い入れ資産の増額を測るだろうというものだ。これによって日本株は堅調な地合いを維持し、それにつれてクロス円もひじょうにしっかりとした足取りとなった。ユーロ円は105円台のミドルまで差し込んでいたものが、106円台まで回復。ドル円は80円台のままだが、それでもいちおうの底打ち感は出た。

 しかし私としては、どうもこの観測記事には納得がいかない。やるならばなぜ昨日やらないのかという最大の疑問に答えられないからだ。期待だけを高める時間的効果を狙っているのならば、それだけ当局も手詰まりだということでもある。その辺りを見透かした動きが今晩からでも海外勢主体で入ってもおかしくはない。私はそれを期待して、ユーロ円などをショートに振りたい気分だ。目安は欧州株か米国株の反転・下落の局面である。

 今晩も海外時間では経済イベントが少ない。夜中のベージュブックくらい。このなかでは多くの地域で回復が確認されているなどという文言が期待されている。あまり回復が順調だと、金融緩和への期待が遠ざかってしまいかねない。今日も早起きして参戦するつもり作戦でいこう(笑)。


日本時間 18時00分

 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る