ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

スペインの銀行への支援プランまとまる
ユーロショートで粘るも値動きは乏しい

2012年07月10日(火)18:07公開 (2012年07月10日(火)18:07更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日の欧州序盤は、ユーロドルが1.2300をはさんでのスタートとなった。早朝に1.22台の前半までつけて、そこから上がってきているのだといっても、やはり安いレベルに定着していることには変わりがない。先週まで1.26台とかを目にしていたことを考えると、やはり安いところにいる。先週末のアメリカの雇用統計が悪くて、米国株も落ちるには落ちたが、値幅が小さいものにとどまっている。

 よってリスク回避でのユーロ売りが積極的に出てくるというわけでもない。やはり週の前半に開かれるEU財相会議に絡んでの思惑でのユーロの動きであろう。今回はスペイン支援に関する問題を討議するらしいが、とくに目新しいものは期待されていない。むしろ資金の出し方などでもめるかもしれないという不透明さすらある。

 私も昨日の欧州序盤から何度もユーロドルをショートにしてみたりするのだが、まったくワークしない。5ポイントほどフェイバーにはなるが、その後が続かず、結局アゲインストになってしまう。私としてもあまり1.22台や1.23台の前半でショートを持ちっぱなしにはしたくないので、ロスカットの買い戻しも早くなる。

 4回目のショートトライでやっとそれまでの損失のほとんどを取り返すことができたので、それで取引はしないことにした。何といってもユーロドルは30ポイントほどしか動いていないのだ。こんな狭いところで勝った負けたと一喜一憂するのもばかげていると思い、早々に相場から撤収しようと思っていた。

 それで早々に寝ようとしたものの、見るとニューヨーク勢の参入とともに、ユーロポンドが崩れてきた。欧州の信用不安の高まりでユーロ売りが年初からきつく、ひたすら下げ続けてきたユーロポンドではあった。だがイギリスのリセッション入りが示されたのを契機にポンド売りも強くなって、ユーロポンドはかえって強くなる局面を迎えていたほどだった。

 しかし6月末のEU首脳会議あたりから再び売り優勢の展開となって来て、今年の最安値をうかがう状態となってきていたようだ。それが昨晩に一気に噴出したようである。ついにユーロポンドは0.7915まで差し込んだ。これは2008年11月以来のレベルである。なんだか、なつかしい。

 私ももういっぺんだけユーロを売っておこうかなと思い、1.2300まで待って売った。オーバーナイトポジションなので、サイズは小さめ。ロスカットは30ポイントまでとして、利食いは置かずに寝た。夜中に私のストップ注文こそダンになってはいなかったが、相変わらず狭いレンジに留まったままのようだ。

 今日もアジア時間でのユーロは重かった。というよりも、あんまり動いていないと言うべきか。EUの財務相会談からスペイン支援の第1段が決まったようで、途中、一瞬だけ株高になる場面もあったが、それが為替相場においてのリスクテークに直結してはいないようだ。そして時間の経過とともに株価のほうも垂れ出している。

 リスクのありようの本番は欧州時間からだ。ユーロショートはキープして最初のターゲットは昨日の安値である1.22台のローにして、そこでは利食いをするつもりだった。しかしアジア時間の安値付近までは下がってきたものの、またもたついてきたので、一度止めることにした。ふとしたことでのショートカバーもきつい。また1.21台に突っ込むような事があれば、それからまた売り直せばよい。今晩もアメリカの材料は少ない。


日本時間 17時40分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年3月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMO外貨[外貨ex]

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る