ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

米企業決算のヤマ場も越える
さてユーロドルのレンジ取引どこまで続く?

2012年07月20日(金)17:38公開 (2012年07月20日(金)17:38更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 バーナンキ議長に指摘されるまでもなく、最近のアメリカの経済指標も悪いものが並ぶ日が多くなってきた。それでも株価や原油価格など、リスク性の志向度を示すものはまったく下がらない日々が続いている。

 ここまでくると単に政策期待というには度が過ぎるレベルに入ってきたとしか言いようがない。昨日もマクロの経済指標は、雇用も住宅関連も景況感もすべて予想を下回る結果となった。しかしそれでも米国株は落ちないという不思議な現象である。

 リスクを重視していたのでは最近の為替相場には付き合えない。トレンドやレンジを中心に相場の行きたい方向を探っていくしかない。昨日も欧州序盤にユーロドルが1.23台に乗せてきたので、私は1.2311で売りこんだ。

 すぐに下がるとは思っていないのだが、テクニカルに基づいたポジショニングだと考えているので、何が要因で相場が反転するかなどは考慮しなくてもよいという立場。1.21台で買い、1.23台で売りのレンジ相場に励むだけなのだから、ポジションを作った後はただ相場が動くのを待つしかない。

 スペイン国債の入札が芳しくなかったということで、スペイン債がまた7%の大台に乗せてきたりして、ややユーロ売りが優勢となってきた。たしかに1.22台にまで落ちてくると、かなり下がったような気もするが、40ポイントくらいの落ち。

 前日と同じように1.2250アンダーを狙いたいところだったが、すぐに戻ってしまった。う~ん、一回分、回すのを損した感じだ。通常にトレンドフォローなどで攻めていても、40ポイントを取るのは容易なことではない。それをパスってしまった。ちょっと後悔気味。

 モルガンスタンレーの決算発表ではグローベックスの米国株は動かず。やはりアメリカの経済指標待ちか。前回はどうした計算に基づくのか、たいへん良かったイニシャルクレームも今回は悪い。しばらくするとやっとユーロドルも落ちてきた。

 米国株が始まる前に1.2250を割り込んできたので、いったんは利食い千人力でポジションはクローズ。なにせちょっと後悔をしそうになったのだから…。また戻るか押すかしたら逆張っていこう。

 ニューヨーク時間の為替相場はほとんど小動きとなってしまった。米国株が上値追い、そしてその後のリスク許容度の増大による原油価格の93ドル台への上昇などには、為替レートはまったくついていっていない。まさに、わが道を行くである。

 今晩はGEの決算発表があるだけ。これで米国企業の決算のヤマ場を完全に越えることになる。来週からはいよいよ足元の景気を重視するような展開になるのだろうか。それはまだわからない。とにかく私はユーロドルでレンジ取引に従事するのみ。私のレンジ取引がブレークするときがきたら、それが新しいマーケットの方向性を指し示すものとなるのだろう。

日本時間 17時10分

 

 


 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
メキシコペソ比較 田向宏行 CFD口座おすすめ比較
メキシコペソ比較 田向宏行 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る