ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

楽観的ムード続く資本市場
動きづらいが小まめにちびちびと

2012年08月07日(火)17:03公開 (2012年08月07日(火)17:03更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 先週末に大リスクテークの展開で終わったというわけでもないが、とにかくFOMCとECB会合の失望の後のメクリ、つまり株価もユーロも大幅に下がった後に急速に戻して週末を迎えるという状況だった。そこで週明けのマーケットの動向は、気になるところであった。

 ユーロドルもユーロ円も先週末で高値近辺でのクローズとなっているので、次の始まりはさらなる高値追いでスタートすることが一般的に考えられる。ユーロドルは案の定、1.24台に乗せて、しかもドラギ発言があった以来の戻し高値も越えていった。予期される動きだったが、関心はその端っこだ。どこまで上がるのか。ユーロドルは1.2442までだった。これでひとつの目安ができたことになる。

 私はアジア時間に1.2408で軽く売ってみて様子を見ていたのだが、いったん1.23台に突入すると、もう1.24台には戻らなかった。欧州序盤でもロンドン勢などはユーロ売りで参入したようで、ユーロドルも下値模索の展開になった。かといって欧州時間を通じてもユーロドルの値幅は50ポイント程度。早朝の高値から見ると100ポイントも落ちているような感じもするが、欧州のコアタイムだけでは1.2350から1.2400の間である。

 バーナンキ議長のスピーチでは、金融政策については言及なし。これは予想されたことだが、ニューヨーク時間では株価が実に堅調にスタートした後も、小動きとは言いながら、高値圏で張り付いている。こちらもユーロと同様に、先週からの高値引けの後を続けている。これが反転して下落に向かわない限りは流れは変わらない。

 米国株の始まりとともにS&P先物が早朝につけた高値を上回ってきた。ぜんぜんゆるまなかった株価といい、ちょっとリスク回避型でポジションを構えるのは分が悪い。つまり円ロングやユーロショートなどである。私はこの株価の動きでユーロショートをやめることにした。結局、25ポイントくらいしか取れなかったが、相場自体も大きく動いていないので仕方がない。

 その後のニューヨーク市場でもユーロドルは1.2400台をはさんでの一進一退。また高いといいながらも米国株はほとんど値幅のないような狭いレンジで終始した。今日のアジア時間には何度かユーロドルを1.24台で売ってはみるものの、なかなか5ポイント程しか取れない。

 午後にもなると日本株をはじめ、アジア株が堅調になってきたので、ユーロ売りもひとまずやめることにした。夏枯れ相場もあってか、次の一手をどうするか、なかなか難しいところだ。今週は木曜日の日銀会合までは大きなイベントがない。

 今晩はバーナンキ議長のスピーチが夜中にあるが、昨日と同じであろうし、金融政策については触れないだろう。すでにはじまっている欧州市場でも相場の動きにダイナミックさが欠けている。私も今晩はかなり早くに寝てしまい、早起きして、男子サッカーでも見ながらニューヨーク市場に参戦するとしようかな。


日本時間 17時30分
 

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る