ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

腰の強い円相場
アップル決算でリスクのゆくえも

2012年10月25日(木)17:35公開 (2012年10月25日(木)17:35更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日の欧州序盤ではユーロの安値攻めで始まった。今週の安値は1.2950あたりだったが、そこで何度か止められていたのだが、IFOの景況指数の発表で一気に割り込んだ。短期的な損切りベースのユーロ売りだろう。そう思いながらも、なかなか1.2950まで戻らない。

 ユーロドルはQE3以降は1.28台から1.3000までのゾーンをレンジの中心とする場合、それと1.3000から1.31台までというゾーンとに分かれているが、これがいよいよ下のほうのゾーン取引にステージを変えていったのかもしれない。

 そう考えると戻り売りが基本スタンスになるはずであるし、またここから下げていっても落ちる分にはまだルームがある。まあ割れたラインである1.2950で買い戻しをすればよいや、という考えで、1.2943で売ってみた。失敗しても、まあ損失はしれたもの。

 しかし攻め込んではみたものの、安値は1.2920まで。21時にドラギ総裁の会見がはじまると速攻で買い戻すはめになった。この間、ドル円も強く、ユーロ円の上サイドのトライがきつかったためである。102円台にまで突っ込んでいたユーロ円も、103円台のミドルまで値を戻しきって、ニューヨーク時間を迎えることとなった。私はFOMCの発表があるまでは動かないと思っていたので、早めに寝てしまって、早起きする作戦に。

 夜中に目を覚ましたが、ドル円は相変わらずの79.70-80.00のレンジにおさまっている。ユーロドルも上下はやったようだが、40ポイントほどの小動きとなっている。1.29台のままでいることに変わりはない。FOMCではどうせ何も新しいものが出てくるはずがない。大統領選挙の直前なので場荒らしになるようなことはしないはずだ、というのが世の中のコンセンサスである。

 私もそうは思ってはいるものの、やはり期待というものが根強くて、何もしなかった場合にはその反動があるはずだと思うと、見ないわけにはいかないのだ。結果はやはり変更はなし。声明もまったくサプライズなし。失望というわけでもなかろうが、米国株が安値攻めをし、QE3以来の安値を更新した。

 しかし為替相場はそうしたリスクの偏在にはまったくの無反応。むしろアジア時間ではまた円売りになるのではないかという思惑からユーロ円などクロス円は強ぶくんでいくる。 そして今日になってランチタイムからドル円は80円台に乗せてきた。

 ドル円が80円台は乗せるまでは相当にもんだが、いったん乗せたとなると、かなり腰が強い。大幅高というわけではないが、80.20あたりまでノンストップで上がったような感じだ。欧州時間が近づいてくるにつれてユーロドルも堅調になってきて、1.30台乗せをしてきている。円安が要因となって逆にリスク許容度の増大を期待した株買いなども出て、マーケットはリスクテークの様相を強めている。

 今晩はレギュラーの経済指標よりも、ニューヨーククローズ後のアップルの決算発表に関心が集まっているようだ。ここ2週間ほどでかなりの調整売りを強いられたアップル株だが、この内容によって今月の終わりまでのリスク相場のありようが決定されそうなので、とても重要である。私もまたニューヨーククローズ前に早起きして相場に臨もうと思う。

日本時間 17時30分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 CFD口座おすすめ比較
トレーディングビュー記事 jfx記事 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る