ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円は反発して97円台を回復へ、
じっくり戻り売りスタンスかな

2013年10月08日(火)18:08公開 (2013年10月08日(火)18:08更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日はアジア時間に97円台でドル円をショートに振ってみたが、いかにも安いところ。それでも外部環境的にもロングにするわけにもいかず、ほとんど底値圏みたいなところからのショート攻めであった。運よく東京クローズくらいまでは大したアゲインストにもならず。かといって急激な下げがおこったわけでもない。

 いつメクラれてもおかしくはない状態で冷や冷やものだった。ただ欧州時間に入ってからも重いには重いのだが、ドル円は97円ちょうどをはさんでの一進一退が続き、5ポイントでも上がろうものならば悲鳴が出てしまうほど、それほど値幅は小さいものとなっていった。

 アメリカの政府機関が一部停止しているせいもあるのか、ニューヨーク時間でのイベントはない。ただ議会からいろいろな人の意見が出てくるのに身を任せているばかりだ。米国株はグローベックスセッションのうちから大幅に下落していたので、むしろニューヨーク時間では切り返しの動きのほうが目立った。

 私はいくらか事務仕事を抱えていたので夜中まで為替相場を見ていたが、ドル円は下に走り出さない。株価や原油価格が持ち直してきたので、リスク許容度も増大してきたのかもしれない。私は96.91でショートをクローズしたが、ニューヨーククローズに向けては一段のリスク回避が入ったようで、米国株は安値圏で引けることとなった。またドル円も96.70あたりで安値引けをしている。

 朝、早くから起き出していた私だが、安値引けした後の教科書的な手順としては追随なのだが、これからアジア時間が始まることを考えるとためらわれる。日本株もまた安いということで買われて、それにツラれてドル円やユーロ円がショートカバーをするのではないかとも思えた。

 そもそもがベアなのでロングにはしたくないが、それでも安いところを突っ込んで売ることだけは避けた。どうしてもというならば仲値決めが終わってからでも遅くはないはずだ。本当に下げ基調であるならば、きっと96.50をも下回って来ているはずで、そのときはそのときで喜んで安いレートを叩いていけばよいのだ。

 たしかにドル円は96.65あたりを底にして、ひたすら堅調な展開になった。午後には97円台まで戻したりもしているし、ユーロ円も131円台の前半から大きく反発している。ちょっと様子見だ。いまは円ロングで向かうべき相場つきではない。また夕方の18時を回って来たあたりから、ユーロ円でも売り込んでみようか。日本株も小高く引けたとはいえ、日経先物は14000円の大台を回復できていない。

 さて今晩は貿易収支が唯一の経済指標である。あまりマーケットにはインパクトを与えそうもない。政治的な発言がなければ、マーケットが動き出すのは難しいかもしれない。動かない可能性が高いので、こんな日は休んでおくに限る。週の後半はイベントが山盛りだし。私はドル円の戻りやユーロ円の戻りは売りだと考えているので、ちょっと遠いところ、97.50とか132.50にオファーを置いておくというのもいいかもしれない。25ポイント外側でストップ注文をつけてのことだが。


日本時間 16時30分
 

GMOクリック証券[FXネオ]

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る