ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

膠着感つのる為替相場、
今日も注目はドイツの景況感くらい

2013年12月17日(火)16:21公開 (2013年12月17日(火)16:21更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 昨日のアジア時間に、ランチタイムを過ぎたあたりでグローベックスの米国株が急落した。FOMCを前にして神経質になっている最中である。だれかが変な発言でもしたのかとの憶測が飛んだ。それを確かめる前に日本株も急落。マーケットはテイパリングでドル買いになるどころか、リスク回避でクロス円の下げにつながった。ドル円も早々に103円台を割れてきた。私もドル円の売りで追随。株価の下落の原因が何であるかを突き止めるまでは、この動きは続くだろうと見込んでのことだ。

 ドル円を102.86で売っていった。午後になっても日米ともに株価のはっきりとした回復が見られず、そしてドル円も102円台の中盤をウロウロ。結局のところ、この動きの原因は突き止められない。中国の景況がやや予想を下回ったのを契機に、ただの機械的なストップロスが連発しただけのようだ。それでも安いレベルに張り付いていた時間が長かった分だけ、世の中には緩和縮小に対するリスク資産外しのインタレストが相当に強いものであることがうかがわれた。

 ドル円の下げは102.65あたりまでで、欧州時間に入った。私は自分のコストと同じところで買い戻しのストップ注文を置いていたのだが、これも簡単にダンになってしまった。さらにドイツの景況感が良かったので、マーケットの流れが反転した。ドイツ株もここ最近はめっきり安値追いが続いていたのだが、指標の発表で切りかえし。大きく値を上げてきた。ユーロの買いも進んでいる。

 私はドル円ショートで取れなかった分を、今度はロングで取りにいこいと考え直し、102.97で買っていった。しかしユーロドルは上がるのだが、ドル円は103円台に乗せても活発な動きは示さない~。ユーロ円が着実に上がっているだけだ。ユーロ円にしておけばよかった(涙)。

 アメリカの経済指標はマチマチだった。エンパイア指数は予想を下回り、鉱工業生産は予想を上回った。どちらにも反応しづらい。ドル円も103円をはさんでの10ポイントの動きに固まってしまった。私も103円台に載ったところで早々にポジションをクローズすることにした。こんなに動かない相場にはつき合っていられない。もっと方向感が出はじめてからポジションを持たないと、疲れるばかりである。

 米国株は昼間の大幅下落を完全に埋めて、さらに一段高するほど強く始まった。欧州株が高いのも一因となったことは間違いないだろう。前日までに下げていた分のショートカバーがメインでもある。しかしドル円はあまり上がらなかった。

 昨日はドイツのPMIの景況指数でマーケットが動きた。今晩もドイツのZEW指数が出る。まあ、この発表となる19時前後の動きは用ウオッチとなろう。ポジションを作るのは、数字が出てからでも遅くはない。良い方向のものが見込まれているだろうから、悪い方がマーケットの反応は大きいことになる。

 できればユーロ円のショート方向で攻めたいところだが、これは経済指標の結果次第である。そしてその後のニューヨーク時間はFOMCの結果待ちとなるはずなので、明日までずっと動かなくなりそうだ。


日本時間 16時00分
 

おすすめFX会社
link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る