ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

予想外の明るい見通しにポンド高騰!
アメリカ小売売上高は注目

2014年02月13日(木)15:32公開 (2014年02月13日(木)15:32更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日の欧州序盤では、ドル円は102円台の中盤であった。ここは最近の高値圏である。とくにマーケットの材料も少ないことから、102.50アップは売りのインタレストが働く。何度も高値を形成している102.65あたりをレジスタンスとしての内向きの力を利用したものだ。私お売り態勢で入ったものの、あまり相場のほうが動いてくれない。

 そのうちBOE(英中銀)のインフレ報告が出てきたが、経済成長の見通しを引き上げる内容のものだった。たいして注目を集めていなかった分だけ、そのような前向きな内容には驚いたという感じだった。雇用も今年から改善に向こうということなので、急速にポンドの早期利上げ観測が浮上。

 ポンドは買われて、ポンドドルは1.65台まで上昇した。いよいよ今年の高値である1.66台をとらえるところまできた。私はユーロドルがベアだったので、無理して対ドルで欧州通貨をショートにするということは止めておいた。

 しかしユーロポンドが50ポイントも下落している。ユーロを対ドルで売ることは憚られるが、ここは対ポンドであれば売りやすい。売ってみることにした。出来は0.8249。二番底を打ったのでかなり遅い。ユーロポンドなので値幅はきついし、8ポイントのアゲインストで損切るつもり。またユーロドルがポンドドルにつられて上がってきても、止めることになるだろう。

 そうしていたら今度はユーロドルが下がってきた。何かと思ったらクーレ専務理事がマイナス金利の必要性を力説したようだ。ユーロ売りの材料だ。ユーロドルは1.36台のミドルから50ポイントほど急落し、1.35台に突入。そしてユーロポンdはその分を完全に吸収して、さらに30ポイントほど落ちた。

 たまたまタイミングがラッキーだったというしかない。ポンド買いの材料に、ユーロ売りの材料が並んだんだ。もっとユーロポンドは下がってしかるべきだろうとは思ったが、ラッキーに感謝してここは35ポイントで利食うことにした。ユーロポンドはまだ今年の最安値まで距離はあるし、0.81台に入ったらまた考えよう。

 ニューヨーク時間では為替相場は小動き。ドル円は定位置にステイしたまま。天候のために、13日のイエレン議長の公聴会は延期になったようだ。本日の東京市場では日本株が重い足取りとなり、ドル円も102円ちょうど付近まで沈んできた。

 今週は新興国の通貨の値動きが落ち着いているので、マーケットの関心が薄くなってきている。こうなるとまたファンダメンタルズに回帰しそうな状況である。今晩はアメリカの小売売上高が出る。ニューヨークのコアタイムは材料薄ためあまり動かないかもしれないが、リスク回避モードのゆくえにも関わるし、この前後には注目したい。


日本時間 15時20分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMO外貨[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 CFD口座おすすめ比較 人気FX会社ランキング
キャンペーンおすすめ10 CFD口座おすすめ比較 人気FX会社ランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る