ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円102円割れも破壊力なし、
材料少なく下落後の米国株を注視!

2014年04月28日(月)16:46公開 (2014年04月28日(月)16:46更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 金曜日の欧州序盤では、ドル円は102.30あたりで、ユーロドルは1.3830だった。そしてまた同じレベルで海外市場に帰ってきた。ロングでもショートでも取れそうには見えるのだが、いかんせん、値幅が小さい。むしろ持っているほうがリスクが高いのではないかという状況である。

 日本のトピックはオバマ大統領の滞在がメインだったが、肝心のTPPは妥協するに至らなかった。通常であれば、おみやげを持たせて帰って頂く局面である。TPPの問題は困難であろうことは事前から想定されていた。

 それでも日本株はTPPの妥結を根拠にリスクテークの方に向かったりしていたので、不必要にポジションが傾いた節もある。もう結果が先延ばしということになった以上、ここは動かないと思いながらもドル円をショートに振っていくしかなさそうだ。

 アメリカの側から見ても、尖閣諸島は日米安保の範囲内だと明言したことで、お土産を持って来ている。これは日本にとっては心強いことであるが、中国の反発を呼ぶのは間違いない。これが妙にアメリカ議会を刺激して、大統領の地位低下を招く恐れも出てきた。米ドルの側面から見ても、ドル円は売っていって良さそうである。

 そういうわけで私はドル円を102.21で売ってみたのだが、短期的にはとても下がるようには思ってもいない。むしろ101円台に突入したら、速攻で買い戻したいくらいである。そのくらいに下がりもしないだろうし、上がることもないだろうと感じているのだ。

 ウクライナ情勢がやや悪化してきた。ロシアやウクライナの軍の当事者の発言も、かなり過激なものになりつつある。ウクライナ東部では親ロシア勢力がEUの調査団を拘束して記者会見までおこなわれている。しばらくはウクライナ問題で鈍い動きしかしてこなかった反動もあって、さすがに軍事に関することには敏感になってきた。

 ともかく私がドル円ショートを作った後、102.10を割れてきた。先ほどより10ポイントしか下がっていないのだが、101円台が見えてくると、何かとても落ちたような気分になる。しかしもう私は買い戻し態勢に入った。そして確かに101円台には入ったが、破壊力がない。どっとロスカットが出てくる雰囲気でもなかった。

 ニューヨーク勢が完全に参入してきているというのに、まったく為替相場は盛り上がらずであった。私もほどほどにして102.04で買い戻した。なんと狭いレンジだろうか。いつになったら動き出すのだろう。ユーロドルは一日を通じても20ポイントしか動いていない~。

 今日は材料が少ない。気になるのはポジション調整だけだ。調整といっても先週に攻め続けたリスクテークの調整である。米国株がもう一段安してくると、ドル円も101.70とかを割りこんできたりして面白くなりそうだが、水曜日のFOMCまでは動きづらいだろう。


日本時間 16時00分
 

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後10万円以上入金&10万通貨以上取引で5000円がもらえる!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る