ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

マイナス金利など決定されユーロ乱高下、
続く今夜は雇用統計!

2014年06月06日(金)15:56公開 (2014年06月06日(金)15:56更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日は注目の最大イベントであるECBの金利会合であった。ユーロドルはここ最近、1.3580から1.3650のゾーンにはまってしまっている。そして日足のチャートなどで見ても明らかなように、この水準は安値張り付きである。言うまでもなくユーロの金融緩和を期待してのことであった。すでにマーケットのコンセンサスでは0.15%幅の利下げを見込んでいる。だから実際にそれだけの利下げを行っても、市場のサプライズにはなりえない。

 欧州序盤ではユーロドルはいつもの位置。1.3600前後の小動きである。すでにECBの為の様子見の態勢になっていた。欧州株も米国株も歴史的な高値のレベルで張り付いたままなので、一段高にはさらなる材料がほしいところ。BOE(英中銀)は金融政策に変更はなし。そしていよいよECB(欧州中銀)の出番である。

 利下げはした。しかし0.10%幅のみだった。予想よりも少ない利下げ幅。ユーロドルは1.35台に突入したが、すぐに買い戻された。私もユーロの金融緩和が足りないのではないかと思っていたので、戻りっぱなの1.3607を買っていった。あまりにもチョッピーに動くので、10ポイント位の動きは軽い。

 すぐにユーロドルは1.3620を越えてきたので、1.3600に売りのストップ注文だけは入れておいた。そしてユーロのショートカバーが始まるかに見えたが、上限のほうで引っかかってしまった。1.3650付近では売りたい人、売りそびれてしまっている人も多いのだろう。1.3645あたりまで上がったのは目で見えたが、すぐに1.3620あたりまで後退。

 私も逃げないといけないと感じて、なんとか1.3628で売ることができた。これで上値がきれいなところで止まったことになり、1.3650を越えてこないとユーロロングでは攻めれないことになった。この間、10分もない。すぐにユーロドルは1.35台にまで押し込まれた。

 さて今回の決定では、銀行が中銀に積む準備預金の金利をマイナスにした。金利にはマイナスの概念はないので、これは実質的な手数料とみなされる。イスラム世界では利息を取ることは禁じられているので、代わりに手数料という形で利息を取る。それのちょうど反対で、中銀への資金積み上げには手数料がかかることになったのだが、それをマイナスの金利と表現したものだ。

 ともかくも準備預金は最低限に絞るにしても、量は法律で一定額を定められているので、それは銀行のコスト増となる。貸し出しの増大を目論んだ方策であったろうが、それがかえって資本収縮、またはデフレの芽となる可能性も秘めている金融政策である。

  ユーロドルは1.3502まで安値を拡げたが、これにはユーロロングのストップロスもあったからだろう。ドラギ総裁の発言が進行するにつれて、ユーロの買い戻しが優勢となった。ユーロドルは1.36台まで戻しきり、ニューヨーク時間でもユーロ買いの意欲は強まった。ユーロドルはECB発表以前のレベルまで押し返されて、そのまま高値圏での引け。ユーロは全面高となった。

 さて今晩は雇用統計。水曜日に出た民間調査では予想を下回ったので、すでに期待は薄らいでいる。就業者数は20万人以上の増加が見込まれているが、18万人くらいでも市場はあまり驚かないだろう。むしろ予想通りに21万人とか出てくるほうがサプライズになるのではないだろうか。ただし米国株が昨日の上昇によって歴史的な高値の位置しており、かなりの高値警戒感がでているのも要注意だ。

 水曜日に出たADPが悪かったのに反応しきれなかったのは、ECB会合への期待があったからであり、雇用関連のデータが悪かったことをマーケットは織り込んでいない。雇用統計だけで判断するのは困難かもしれない。昨日から続いているユーロの反転上げ基調に乗ったほうがうまく行きそうな気もする。


日本時間 15時30分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事
経済指標速報記事 CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る