ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロドルついにレンジ上にブレーク、
イベント少なく米国株の動向を注視

2014年06月20日(金)16:05公開 (2014年06月20日(金)16:05更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日の欧州序盤では、欧州通貨の買いが強烈に入ってきた。多分にテクニカルポイントを抜けてきたことによるストップロス的な買い戻しがメインであったようだ。ポンドドルの1.70台乗せはこのところ何度もトライしているので目新しいレベルではないが、昨日はクリアにブレークしてきて、やっと上方向に走り出したのだ。

 ここ2、3回のポンドドルは1.7000にタッチしたら、いつも跳ね返されていた。だがそこで1.7010をテイクンしてからは、ちょっとマーケット参加者の見る目も変わってきたようだ。そして同じ形でドルを売って欧州通貨を買うという意味でも、ユーロドルも上昇した。

 ユーロドルは1.35台にずっとステイしていたものが、ようやくに1.36台に乗せてきたのだ。私も1.3604から買っていった。そのまま走るかどうかは、ポンドドルの値保ちとも関係する。マーケットにはユーロドルのショートも短期的に相当たまっていただろうから、上攻めのパワーはあるはずだ。ユーロドルは1.3630のあたりまで上がったが、すぐに垂れてきた。

 うーん、これはダメかなとも思ったが、結局、1.3600を割りこむことはなかった。ここを割りこむようであれば、また下攻めだろう。にわかショートは減っているはずなので、下攻めにも勢いがつきそうだ。私は1.3595で投げ売りのストップ注文を置いていたが、これがつかない限りはユーロショートのポジション調整は続くだろう。

 ロンドン勢の買いらしく、ユーロドルはさらに上攻めをしたが、1.3640をちょっと越えるところまで。激しく70ポイントとか、1 00ポイントも上がらなかった。こうなってくると私としても、ストップロスのレベルを近づけて、そろそろ売り逃げする態勢に入らないといけない。横をみるとポンドドルも上げ止まった格好になっている。

 ニューヨーク勢の参入時にユーロドルは一段高するかと期待していたが、上がらず。むしろユーロ売りが先行した。私としてはもうちょっと持っていたいところだが、とりあえず1.3627で売って利食いした。ちょっと相場の行方を見ることにして、ユーロドルやポンドドルの方向性を確かめることにした。

 昨日のFOMCではドル金利は低下という反応を示したが、昨日のニューヨーク市場では金利が上昇した。そういう外部環境でもあったので、ニューヨーク時間ではドル買いが活 発化。ユーロドルはひたすら押されて終了した。それでもユーロドルは1.36ちょうどの大台は割り込まなかった。米国株は実に小動きだったが、それでもS&P指数などは終値ベースでも歴史的な最高値を更新してきた。まだまだリスク許容度はたくさん残っているということだ。

 さて今晩は経済誌ベントが余りにも少ない。となるとマーケットの注目は株価の動向に集まることになる。ニューヨークオープンまで様子見して、米国株が上伸して始まるようならば、ユーロ円かドル円でも買ってロングで攻めてみようかと思っている。


日本時間 15時30分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
人気FX会社ランキング 田向宏行 経済指標速報記事
人気FX会社ランキング 田向宏行 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る