ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

お盆でアジア時間の為替相場は小動き、
材料薄いが英国のデータ注目!

2014年08月13日(水)15:16公開 (2014年08月13日(水)15:16更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日の欧州序盤では、ドル円は102.25アラウンド。ユーロドルは戻り中の1.3370であった。リスク性の高いもの、例えば株価といったものは金曜日に下ヒゲの長いものを形成しているので、なかなか下がらないだろうという予測がつく。そしてリスクの度合いに振らされるドル円も同じ形をしているので、底堅いだろう。

 こんなときはドル円を買いたいのだが、そう簡単にはゆるんではくれない。まあこれも想像がつくので、どこかで目をつぶって買っていかないといけなくなる。下がったところを拾うという、あまり虫のいいことを期待するのはやめておくべき局面なのだろう。

 ドイツの景況指数が悪かったので、ユーロは軟化した。ユーロドルは1.3350をも下回ってきた。ここまで来ると、今年の最安値である1.3333が気にかかる。このレベルでは何度も止められて、ユーロは50ポイント以上も反発している。当面の間はかなり強力なサポートとしてワークしているのが現状だ。ドル円は動かないので、ユーロドルをテクニカルに沿った形でやってみよう。

 つまり1.3333の手前で買ってロングにし、それをブレークしたところ、1.3330で投げ売りするのだ。これならば損失は大したことはないし、逆張りなので当たったら利益は大きい。取るべきリスクに得られるリターンが見合うというものだ。ただし下攻めしているので勝率は悪いのは仕方がない。1.3339でユーロドルを買うことができた。テクニカルポイントが明確だったから、買うべきポイントもわかりやすかった。後はストップ注文を1.3330で置いて、マーケットにゆだねるのみだ。

 ニューヨーク勢が参入するとともに、ドル円が落ちてきた。落ちそうにも見えなかったドル円だったが、102.10あたりまで下がってきた。何の材料も出ていないので、一部のポジション調整によるものだろう。同じくドル売られるという形で、ユーロドルも上がってきた。せっかく下攻めをしていたというのに。私は1.3375で利食いの売り注文を出してみたが、このステージでは1.3360あたりまでしか反発しなかった。

 2回目に上がってきたときには前回がどこまで上がったのを知っているので、対処しやすい。とりあえずもっと上がるかもしれないが、1.3360で一度止めるのである。それ以降の動きはネクストアクションとなる。一方でドル円の102円の大台は割れなかった。やはりドル円はまだ押し目買いスタンスで臨むべきなのだろう。

 今週は日本がお盆休みなので、アジア時間では値動きが鈍くなっている。地政学的なリスクなども欧州時間に集中しているので、ますますアジア時間の存在感は薄まっている。事実、朝に出た日本のGDPでは全くの無反応であった。

 今夕にはイギリス絡みのイベントが多い。雇用関連のデータとインフレ関連が出るのだ。最近はポンド金利の先高観の話が小さくなっているが、アメリカに続いてのタイトニングの始まりを示すものなので、とりあえず要ウォッチであることには違いない。

日本時間 15時10分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トルコリラスワップポイントランキング CFD口座おすすめ比較
ザイ投資戦略メルマガ トルコリラスワップポイントランキング CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る