ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

お盆でアジア時間の為替相場は小動き、
材料薄いが英国のデータ注目!

2014年08月13日(水)15:16公開 (2014年08月13日(水)15:16更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日の欧州序盤では、ドル円は102.25アラウンド。ユーロドルは戻り中の1.3370であった。リスク性の高いもの、例えば株価といったものは金曜日に下ヒゲの長いものを形成しているので、なかなか下がらないだろうという予測がつく。そしてリスクの度合いに振らされるドル円も同じ形をしているので、底堅いだろう。

 こんなときはドル円を買いたいのだが、そう簡単にはゆるんではくれない。まあこれも想像がつくので、どこかで目をつぶって買っていかないといけなくなる。下がったところを拾うという、あまり虫のいいことを期待するのはやめておくべき局面なのだろう。

 ドイツの景況指数が悪かったので、ユーロは軟化した。ユーロドルは1.3350をも下回ってきた。ここまで来ると、今年の最安値である1.3333が気にかかる。このレベルでは何度も止められて、ユーロは50ポイント以上も反発している。当面の間はかなり強力なサポートとしてワークしているのが現状だ。ドル円は動かないので、ユーロドルをテクニカルに沿った形でやってみよう。

 つまり1.3333の手前で買ってロングにし、それをブレークしたところ、1.3330で投げ売りするのだ。これならば損失は大したことはないし、逆張りなので当たったら利益は大きい。取るべきリスクに得られるリターンが見合うというものだ。ただし下攻めしているので勝率は悪いのは仕方がない。1.3339でユーロドルを買うことができた。テクニカルポイントが明確だったから、買うべきポイントもわかりやすかった。後はストップ注文を1.3330で置いて、マーケットにゆだねるのみだ。

 ニューヨーク勢が参入するとともに、ドル円が落ちてきた。落ちそうにも見えなかったドル円だったが、102.10あたりまで下がってきた。何の材料も出ていないので、一部のポジション調整によるものだろう。同じくドル売られるという形で、ユーロドルも上がってきた。せっかく下攻めをしていたというのに。私は1.3375で利食いの売り注文を出してみたが、このステージでは1.3360あたりまでしか反発しなかった。

 2回目に上がってきたときには前回がどこまで上がったのを知っているので、対処しやすい。とりあえずもっと上がるかもしれないが、1.3360で一度止めるのである。それ以降の動きはネクストアクションとなる。一方でドル円の102円の大台は割れなかった。やはりドル円はまだ押し目買いスタンスで臨むべきなのだろう。

 今週は日本がお盆休みなので、アジア時間では値動きが鈍くなっている。地政学的なリスクなども欧州時間に集中しているので、ますますアジア時間の存在感は薄まっている。事実、朝に出た日本のGDPでは全くの無反応であった。

 今夕にはイギリス絡みのイベントが多い。雇用関連のデータとインフレ関連が出るのだ。最近はポンド金利の先高観の話が小さくなっているが、アメリカに続いてのタイトニングの始まりを示すものなので、とりあえず要ウォッチであることには違いない。

日本時間 15時10分
 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る