ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

雇用統計でドル円104円台へ落下、
地政学的なリスクにらみな展開か

2014年09月08日(月)15:26公開 (2014年09月08日(月)15:26更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 金曜日は早朝にドル円の買いが膨らんで、105.45を越えてくると当然のごとくにストップロスが誘発。ドル円は105.70まで上昇してしまった。ただし買い戻しが一巡すると、その後の伸びはまったく見られず、かえって105円台ならば売るというインタレストを増大させることとなった。まあ、買っていたのも、メインは短期筋だったのだろう。値保ちはたいへん悪かったという印象だけを残した。

 欧州序盤までにはドル円は105円台の前半で推移。夜の雇用統計では良い数字が期待されているので、ちょっとでも悪かったら105円割れは必至である。なおユーロドルの動向からも目が離せない。ユーロドルは依然として着実な軟調相場を継続。5月にドラギ総裁が「6月にも動く」と発言してから、一方的な、ほとんど戻しのないユーロの下げを演じている。

 ユーロドルは1.4000をつけた直後でもあったから、あれから1000ポイント近くも下がっているのだ。そして目の前にあるレートも1.3135あたりをウロウロしていて、これも今年の最安値まで、あと20ポイントもないというくらいに安値圏での張り付き態勢を明確にしている。 欧州序盤ではウクライナで砲撃があったとかで、地政学的リスクを理由にリスク回避の動きが強まった。グローベックスでの米国株は下げに転じ、雇用統計を前に嫌なムードが漂ってきた。

 そして発表直前でのレベルは、ドル円は105.15あたりで、日中のいちばん安いところ。ちょっと上サイドにシコリを残した感じなので、104円台に突入してきたら、投げ売りも出てきそうだ。ユーロドルは1.2955で、前日のユーロ利下げでつけた今年の最安値である1.2920にはちょっと間がある。

 米ドルの材料だからドル中心で反応するだろうが、面白そうなのはドル円の下攻めだろう。ドルが上がっても、ドル円では逃げのオファーがたくさん出てくるだろうし、ユーロドルも前日の安値が短期的に強力なサポートになりそうだ。だから単に雇用統計が良かったからといっても、そう簡単にはドル上昇にはなりにくい。

 結果は就業者数が14万人台の増加にとどまった。これは予想を下回っただけでなく、絶対数も久しぶりに見る悪さだ。すぐにマーケットは悪材料として反応し、ドル安と金利低下で動いた。私もドル円の105円割れで追随してショートに振ってみた。しかしファーストアタックでは104.75あたりまで。

 発表前からグローベックスで米国株は安かったので、雇用統計が出てからの下げは限定的。それで安心感も出てきたのか、すぐにドル円は105円台に戻してきた。株価が下がらないのであれば、ということで私も必死に買い戻した。

 この悪い雇用統計をどう解釈したらいいのかは難しい。したがってドルが上がる材料なのか、下がる材料なのかを考えても無駄である。出来ることと言えば、株価に合わせやっていくくらいだ。米国株のショートカバーが一巡すると、また下がりだしてきたので、ドル円も再び105円割れ。その機にサイドのショートメーク。

 前回に折り返したレベルが判っているだけに、そのポイントに注意しながらの買い戻し態勢で構える。ドル円は104.75まで到達。1回目のトレードで7ポイント損切っているので、今度は利食い千人力に励んだ。一方のユーロドルは、指標の前後で30ポイントほどしか動いていない。

 ニューヨークのコアタイムでは米国株は大きく切り返した。ウクライナでの停戦合意ができたということで、地政学的なリスクが低下したからのようだ。米国株は高値引け。そしていつでも歴史的な高値を越えてきそうなところまで噴き上がり、ニューヨーククローズにかけてはドルも買い戻された。ウクライナは停戦合意のはずなのに、どうもまだ戦闘が行われているというニュースもある。週明け以降もドル相場の行方が気になるところだ。


日本時間 15時00分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月21日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 トルコリラスワップポイントランキング
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る