ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

FRB議長の証言を控え動きない為替相場
ドル高進行となるか今晩に大注目!

2015年02月24日(火)15:27公開 (2015年02月24日(火)15:27更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日のアジア時間ではドル円は119円ちょうどを挟んでの一進一退。あまり動きそうもないし、材料もなかった。ギリシャの公約がどのような回答になるのかという材料はあったが、それはすでに4か月の支援延長が先に決まってしまっているため、どのようなものが出てこようともマーケットの波乱要因にはなりにくいものとされている。

 欧州序盤ではドル円がやや切上がってきた。しかし119.50などを超えてくるようには、なんとも思えない。値動きも鈍いものであった。同時にユーロドルが1.12台に突っ込んでいたので、それにツラレてのドル高ということでもあったのだろう。そしてドル円はすぐに下がってきた。歴史的に高いところに張り付いているドイツやアメリカの株価も、ほとんど動かない状態が続いた。ここにきてマーケットはリスクテークが一服したというところ。

 理由としてはイエレンFRB議長の議会証言を控えているので、マーケットは一斉に様子見モードに入っている。途中、原油相場が崩れたりする局面もあるなど、外部環境の変化も見られはしたが、それでも米国株は微動だにしない。ギリシャからの回答はさらに延期されたが、これすらもすでに材料視されていない模様だった。

 こんなに市場がイエレン議長の発言を気にするのは、今月発表になった雇用統計が良かったことを、まだ前回のFOMCでは勘案されていないからだ。また原油価格の下落も一服しているのも織り込まれていない。ギリシャ問題も先送りということで目先のパニックは回避されており、これらすべてが利上げ時期を早めるのではないかという懸念があるからだ。

 FRBが利上げに踏み切るとしたら今年の6月か9月なのは確かだ。どちらでも結果は同じようなものであるようにも思うのだが、8年ぶりの利上げ開始ということもあるので、マーケットはちょっと神経質になりすぎているように見える。

 私も夜中までは無理に手を出さずに、証言の始まる0時を過ぎてからの株価や債券相場を見つつ、ドル金利が6月にも上がりそうな口調だと判断したならば、ドルを買ってみようと思う。そのときにはドル円のロングでもユーロドルのショートでもよいだろう。いよいよ今年のドルの最高値を狙いにいく第一歩になるかもしれない。

日本時間 15時15分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る