ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円IMFコメントで頭抑えられる、
リスクオフへの動きには要注意!

2015年07月24日(金)14:42公開 (2015年07月24日(金)14:42更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日の欧州序盤ではユーロドルが上昇してきてのスタートとなった。それまでは火曜日や水曜日の高値である1.0970あたりが大きなレンジスタンスとなっており、なかなか上抜けしきれないでいた。しかしここからどちらの方向へいくものか。そのうち力がつきて、1.09台割れのほうに向かうのか。

 それともこれだけ何度も押し返されても上値トライしているのだから、ファンダメンタルズ的にも買い需要を呼び込んでいるのか。目の前でのギリシャ問題は沈静化してきてはいる。積極的なユーロ買いが望めないものの、これまで売りこんできたフローの分のショートカバーすべきポジションはまだ残っているだろう。

 ともかくもどちらに動くのかわからない状態では、やはりレンジスタンスなどのテクニカル面を尊重して攻めるしかない。そして確かに何度か戻りで売ってみて、それが10ポイント程度ではあるが、利食いで買い戻すことができた。しかし最終的には上値を突破。当然、私の買い戻しのストップ注文も巻き込んで、ユーロドルは急上昇した。

 そしてユーロドルは1.10台にあっさりと乗せてきた。これでは今日はユーロの腰が強くなるだろうと思って見ていたが、やはりユーロドルは押しても先ほどまでのレジスタンスであった1.0970あたりまでだった。今度はサポートとしてワークしだしたようだ。

 ニューヨークオープン前にキャタピラーやGMなどの決算発表があったが、グローベックスでの株価には大きな影響は与えなかった。だから為替相場でも反応はいまひとつ。失業保険のデータがたいへん良かったので、それで為替はドル高に向かった。ユーロドルも1.0970を割ってきて、ドル円も124円台を再び回復。

 ドル円はまた上値圏で張り付きになってしまうのかと思えたところ、IMFからの日本に関するコメントが流れた。アメリカには利上げを急ぐなといっているIMFである。ちょっとは日本の金融緩和を支援するようなことを言うのかと思ったが、財政健全化もやらないうちは追加緩和するなというものだった。

 これが勢いでドル円を買いこんでいた人々の手を止めたようだ。完全にドル円の頭は抑えられた格好になってしまった。それまでのドル円の高値が124.18だったので、124.20で買い戻せばいいやという考えで、私も124.03でショートに振ってみた。そして夜は見ていられなかったので、ストップ注文だけを残して寝ることにした。

 夜にドル円は123.75当たりまで差し込んだが、あまり大きな動きはしていない。そしてそのまま本日のアジア時間をやっている。このポジションはもうちょっと持っていようかと思う。狙いは123.50割れだ。そこで追撃売りでも仕掛けてみたい。

 米企業決算も大きなところは一巡して、再び業績重視の相場からファンダメンタルズ重視の展開に移行しそうだ。後の注目ポイントのひとつには原油価格もあげられる。ここ一週間は安値張り付きのまま。48ドル台まで下げてきているが、昨年来の安値圏である44ドル台が視野に入ってきているだけにリスクオフの動きを加速させそうだ。


日本時間 15時00分

 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.38pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年6月13日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較
トルコリラスワップポイントランキング メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る