ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

冴えない経済指標の続く米国、
FOMCでドル円再び下落となるか

2016年04月27日(水)15:51公開 (2016年04月27日(水)15:51更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日はアジア時間でもリスクテークし過ぎた分の調整が起こった。いかにも日銀の追加緩和に関して、過度に期待しすぎだったようだ。日経先物で1000円近くも上がるほどのことはできないかもしれないという恐れのほうが先行してきた。ドル円もいまだに111円台である。

 これで何もしなかったら、まったくの期待外れということで、ドル円は107円台を割り込んでくるかもしれない。そして小出しにはしないといってきた黒田総裁の考えとも違う。ましてや1月にマイナス金利を導入して、そのせいかなるものをもうちょっと見守りたいとも言っているのだ。そこに期待するほうが間違っているというべきか。

 昨日の欧州序盤では、ドル円は110円台の後半であった。安値を110.65近くまで攻めこんだものの、そのまま安値圏での張り付き状態であった。注目はドル円が安値を抜いて、さらに下攻めできるかどうかであった。すでにドル円の上サイドはやり過ぎだったのではないかと見られ、あまり興味の対象ではなくなりつつある。しかし実際にはドル円は実に堅調な動きとなった。

 ドル円はすぐに111円台まで回復し、クロス円も高い。米国株などが経済指標が悪いものが並んだにも関わらず、あまり下げなかったというのが支えになっているのだろう。またもうドル円の上はないと考えて、上サイドが手薄になっていたのもあるのだろう。ニューヨーク時間では111円台のミドルまで上昇し、昼間の下げ分を完全委埋めた格好となった。

 ともかくもマーケットは今晩のFOMCの結果待ちと、明日の日銀の会合待ちで動きにくくなっている。FOMCのほうは何も変更はないのが当たり前とされているが、年2回の利上げを行うために次の6月会合でやるための地ならしをどう打ち出してくるか。

 もしも依然としてハト派色の強い声明文しか出てこなかったら、実際の利上げは大きく後にズレ込むことになり、ドル金利の先高観は減退せざるをえない。しかるにドルの全面安が一気に進むことになる。ドル円も今年の安値である107円台が唯一のサポートとしてワークするはずだが、果たしてその付近で下げ止まるかどうかは不明である。

日本時間 15時30分
 

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る