ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円105円台の手前まで上伸、
リスクオン続くが辛いレベル

2016年07月13日(水)16:15公開 (2016年07月13日(水)16:15更新)
持田有紀子

【GMOクリック証券】圧倒的人気で100万口座達成!最短即日で取引可能!

 昨日はアジア時間でドル円は103円台に乗せてきて、なおもマーケットのリスクテークが継続した。すでに日本政府の経済対策が10兆円規模だといわれているが、それに向けて夕方の16時半から石原大臣が会見するという。

 はっきり言えば、内容はほとんど前倒しなどで埋めるものだと想定されているのだが、真水の部分をどのくらい入れ込めることができるのか。それが注目点であった。

 普通に考えればわかることだが、なにか画期的な財政出動を含んでいるならば、言い換えれば市場の見込んでいない真水の部分が2兆円でもあるならば、もっと事前に公表しているはずである。しかも週末は国政選挙であった。

 選挙前に明言したほうが有利なのは言うまでもない。それが選挙後になったというのは何もフレッシュなものはないのではないかと懐疑的になる。多くの部分がリニア新幹線の前倒し発注みたいなもので埋まるのではないかと考えられる。

 それをマーケットに照らし合わせようとすると、やはり発表直後の失望売りだろう。私も16時半からの反転・下落を狙うことにした。しかしその16時半になるまで、ドル円もユーロ円も強いこと、強いこと。ドル円は103.60あたりまで押し目もなく上がるだけ。まったく落ちる様子がない。

 ここを売っていくのだから、とても危険である。理想としては反転しはじめたのを確認してから売りこんでいくのが安心感もあるのだが、それでは売りそびれる可能性も高い。私は時間で切って臨むことに決した。16時半を過ぎた時点で売ってみた。103.55だった。

 大臣が何をしゃべっているのか、テレビを見ていないからわからない。しかしドル円が下げに転じたことは確かなようだ。すぐに103.35あたりまで沈んで、それまでに短期的にたまっているであろうロングポジションを恐怖させるには十分だった。私はドル円を103.31でも売り増して、さらなる下げを期待した。

 スピードも速いかもしれない。ドル円は102円台に突入したが、すぐに切り返してきた。私もポジション量を増やしていたこともあり、戻りかけた103.04で買い戻した。結果的にはもう102円台にはネバーカムバックだったので、ポジションを大きくして自分をすぐに出も買い戻したいくらいに追い詰めていたのが幸いした。

 さてニューヨーク時間になってもリスクテークの流れは変わらず、ドル円は104円台乗せ。そして夜中には105円ちょうどの目前まで上昇している。米国株は今週に入って歴史的な最高値を更新している毎日だが、高過ぎて上値追いを容易にできないのか、値幅はとても小さい。積極的にリスクを取っていくには辛いレベルでもあるのだろう。


日本時間 15時40分

 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 メキシコペソ比較 CFD口座おすすめ比較
キャンペーンおすすめ10 メキシコペソ比較 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る