ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

新財務長官からもドル高けん制、
ドル円今年の安値更新で要ウォッチ!

2017年01月24日(火)15:46公開 (2017年01月24日(火)15:46更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 週明けの昨日のマーケットは早朝からドル安が進んだ。ドル円は113円台にまで押し込まれて、金曜日にせっかく戻した115円台もやっぱり重たかったかということで、テクニカル的にも今年の半値がレジスタンスとしてワークすることを証明した格好となった。

 もちろん週末にリスクオフを跳ね返すような材料が何も出てこなかったことが、最大のリスク回避の要因である。これまでいいとこ取りだけをして、内包している悪い側面には目をつぶってきてだけの反動が出ているのである。

 こうなると一日の作戦としては、ドル円での戻り売りとなる。後はどこで売りこむのかだけに注意を払っておればよい。東京時間ではドル円は114円台に戻そうとするが、なかなか上がっていかない。私は夕方以降のセッションのためにドル円をショートにしておきたいと考え、113.77で売って追いた。

 しかし呆然と待ってもいられないので、念のためストップロスは欠かすことができない。当面は114.00までを我慢のしどころだと考えてストップ注文を置いておいた。仲値決めが済むと、外貨手当ての需要がおさまり、いつものようにドル円は頭の重い展開に。そしてドル円は113円台の前半に向かっていった。

 ここまで来ると年初来の安値が気にかかる。先週につけた112.60あたりである。ともかくも112円台入りを期待したのだが、アジア時間でドルショートが短期的に積みあがったせいか、欧州時間ではもっぱらドルのショートカバーであった。112円台が見られなさそうとなれば、もうドルショートに用事はない。

 ドル円をショートにしてからの最大の押し目は113.25くらいだったが、もう113.50で買い戻すのが精いっぱいだった。それだけ利食いを我慢したのである。でもこれ以上の我慢は利食い損ねることにつながる。だからまた売りなおせばいいやと考えなおして、割り切るのである。

 ニューヨーク時間を迎えた。ドル円は瞬間的に114円台までつける局面もあった。私はトレードは翌日以降に伸ばそうと思って早々に寝てしまったが、夜中にドルは全面安となった。ドル円は112円台も見ている。トランプ氏が就任当日に宣言したように、TPPからの完全離脱の大統領令に署名をしたこともある。

 また日本と中国を名指しで不公平な貿易相手と表明したのも大きい。そしてニューヨーククローズ間際には、ムニューチン氏のドル高けん制発言もあって、ドル売りがさらにかさんだ。ドル円はバリューデートが変わって本日分のトレードに入ってからになるが、早朝に今年の安値を付けてきている。

 どちらにしてもマーケットの焦点はトランプ政権の出方である。これまでに不必要なまでにリスクテークをしてきたので、そちらのポジションの動向だけが問題となっている。これは今晩も変わらないだろうし、向こう3か月間くらいは同様の状況が続くのだろう。経済指標やFRBの動きは影響力が低下してきているのである。

日本時間 15時30分


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事 田向宏行
バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る