ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

金利上昇も気にしないリスクオン、
ドル円106円台前半でも底打ち感なし

2018年02月15日(木)16:08公開 (2018年02月15日(木)16:08更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日はアジア時間でドル円が106円台に突っ込み、昨年来の安値を付けたことで下値不安が増大した。不安といっても、マーケットはそれほどもパニックになっていない。やはりファンダメンタルズに沿っているのだろうか、ぜんぜん大きな投げ売りとかも出てこないのである。

 市場が利上げを要求しているのに、依然として「ゆっくりとしたペースで」でとか言っているものだから、まわりまわってドル金利の割安感が出てきている。それがドルの目先の重さを助長しているのだ。

 それでもアメリカの経済指標の後では、ドルは値を戻した。インフレ指標であるCPIが事前予想よりも大きめに出て、それがドル金利の上昇を招いたからだ。しかしドル金利の上げ幅は相変わらず小さいものだ。だから米国株が始まってみると、徐々に買いを集めていくこととなって株価上昇。

 もう長期金利の上昇なんかを気にはしていないようだ。それでリスクテークとなった一面もあって、ドル円は107円台の中盤までショートカバーした。しかしニューヨーク市場では総じてドル売りがかさんだ。やはりドル金利の先高観に自信が持てないからだろう。ドル円は再び106円台に再突入して海外市場を終えている。

 ドル円の戻しが限定的だったことで、ちょっと押し目買いもしづらくなってきた。それよりもフレッシュローに突っ込んでいったほうがワークしそうなトレンドになっている。今日も東京時間でドル円は今年の最安値を見にいった。

 ドル円106円台の前半まで押し込まれても、まだ底打ち感が出てこない。3月中旬に向けて、本邦勢のリパトリによる円買いも出てくるだろうから、需給的にもドル円の上値は重くなるのは恒例のことである。

 今日は経済指標がたくさん出る予定。PPIに失業保険、そしてセンチメント系ではフィリー指数にエンパイア指数がいっぺんに出る。たくさんありすぎて、どれに反応していいかわからないほど。おそらく個別にも反応しきれないだろう。

日本時間 16時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る