ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

新議長のタカ派的な発言でドル全面高、
リスク動向にドル円合わせ打ちで

2018年02月28日(水)15:41公開 (2018年02月28日(水)15:41更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日はアジア時間からニューヨークオープンにいたるまで、為替相場はほとんど動きがなかった。ドル円は106円台の後半で、いつ見ても106.80から106.90だった。これは言うまでもなくパウエル議長の発言待ちとなっているのだ。

 そして早い時間に証言内容のドラフトが公表されたが、中身はほとんど市場が予想するのと同じものだった。それは利上げのペースを速めるものではない。だからドルは小幅ながらも全面安となった。

 もうドラフトも出てしまったので、今日はこれまでかと思って早々に寝ることにした。しかし実際にトークとなると、口調にややタカ派的ともとれる内容が混じっていたようで、年内の利上げは4回ではないかとの観測が急速に台頭してきた。

 ドルが反転して全面高となり、ドル金利は上昇に転じた。ドル円は107.65あたりまで飛び上がった。私はリアルタイムでは見ていなかったが、よくもこんなに反対の反応をするものだと思って感心したほどだ。

 結局、ニューヨーク時間を通じてドル高の流れは変わらずで、朝のドル円は107.40あたり。最近ではもっとも高いところに位置している。しかし先日もドル円の戻しでは108円台に乗せきれなかったので、ここから上サイドはかなりのオファーが並んでいそうな気配である。

 そういうわけで今日は107円台の中盤より上ではドル円を売り込もうと思っていたのに、朝からズルズルと下がってきている。何とか107円割れは避けられているものの、時間の問題のようだ。今晩も経済指標がたくさん出るが、影響を与えるのは米国株の動向だろう。

 パウエル期待で買い進まれた米国株が、昨日のセッションですべてのゲインを吐き出した。それの流れが止まったとは思えない。経済指標などの一連のバタバタが終わった後の、米国株の上げ下げが今夜のリスク相場のあり方を決定することになるだろう。それに合わせてドル円の攻め方も合わせていく。

日本時間 15時30分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る