ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル全面高でドル円107円タッチ、
曇りな材料ばかりだがイベントもなし

2018年03月29日(木)16:27公開 (2018年03月29日(木)16:27更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日はアジア時間ではあまりドル円は動かずで、105円台の中盤だった。これは日本株が配当の権利落ちの後、急激に値上がりしたのとは対照的だった。つまりマーケット全体がリスクテークになっていない。言い換えれば日本株だけが実体にそぐわない動きをしているということだ。

 事実、グローベックスでの米国株は不安定な動きをしながらも、前日の終値を中心にした動きのままだし、一方では同時間に開いている中国株は、かえって大幅安をしているのである。

 配当の権利はもうないのだから、すんなりと残りの株券も売ってしまえばいいのに、ときどきわからない動きをするのが日本株である。当てにできない日本株といえども、アジア時間ではいうまでもなくドル円は下がることはなかった。

 欧州時間に入るとクロス円がリードする形でドル円も上がってきた。106円台に乗せるにはちょっと手間取った感じだったが、いったん乗せてくると106.35あたりまで緩みなく上がっていった。短期的なショート勢の買い戻しが出るところだったのだろう。またアメリカの経済指標であるGDPの確定値が控えているというのもあったろう。

 GDPは2回目の改訂版なのであまり注目は集めないはずだったが、それでも今年の利上げペースを見極めたいとしての間接的な関心がある。それで指標の発表前からドル円買い上げられたのだろう。しかし発表後はドル円はそれほども上がっていかない。

 むしろユーロドルやポンドドルなど、対欧州通貨のほうでドル高が進んでいた。すでにドル円ではロングポジションが積み重なってもいたのだろう。ドル円が本格的に上がりだすのは、そうしたドルの利食い売りが一巡してからとなった。

 ドル円はニューヨーク時間の午後には107円台までタッチした。ドル相場は全面高となって、そのままドルの高値圏でニューヨーククローズを迎えている。

 今晩は重要な経済指標がない。しかるに株価などリスク重視の相場展開となるだろう。昨日はトランプ大統領がアマゾンは何か独禁法に抵触していないかと周辺に聞いているといううわさが出たが、これは米国株のムードを悪くした一面もある。

 そもそもトランプ氏はアマゾンのCEOが嫌いで有名だ。しかしトランプ氏の発言は、報道官が否定している。しかしフェイスブックも議会に召喚されるのはほぼ確実となってきており、またテスラも事故の検証を迫られている。今のアメリカをけん引しているはずのハイテクセクターには、逆風が吹いてきているのを無視することはできない。 

日本時間 16時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る