ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロ反発もトレンド変わらず、
半島情勢には引き続き要注意!

2018年05月23日(水)15:12公開 (2018年05月23日(水)15:12更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 昨日も東京時間ではドル円はやや沈んで110円台に突入したりしていたが、欧州序盤にはしっかりと値を戻してきて111円台を回復。またユーロやポンドといった欧州通貨が急反発した。大きな戻しではないものの、下しか見ていなかったユーロドルなどは、ちょっと驚きの動きだった。

 前回にアメリカが利上げした際に、イギリスも追随利上げするものと思われていたのに見送った。それに関してBOEのカーニー総裁が利上げには積極的みたいなことをコメントしたからであろう。ユーロドルもポンドドルも急激に跳ね上がったものの、ここ数週間の下げトレンドを覆すには至らなかった。

 マーケットは材料薄。夜中に米韓首脳会談が予定されているが、そこから何かフレッシュなものが出てくるとは思われない。ユーロドルは再び1.17台に下がってきて、ドルが全面高のままであった。マーケット全体がリスク回避に傾いたのは、トランプ大統領が米朝会談が開かれないかもしれないと語ったせいである。

 また中国との貿易問題において、ZTEに13億ドルの罰金を科すことも表明した。そして原油高にともなって来月にもサウジが増産に踏み切るのではないかとの観測が強まって、原油価格が軟化したことでもある。米国株はそれまでのゲインを吐き出して、ニューヨーククローズに至るまで下げ続けることとなった。

 今日から北朝鮮では核実験場の廃棄が公開される。欧米のメディアも現地入りして、ちょっと盛り上がっている。機材を持ち込んでもよいか、取り上げられたなどと紛糾もあるようだが、おおむね既定路線の通りのことが行われるだけだろう。そして米朝会談の行方にも大きな影響は与えないものと思われる。

 ただ昨日、今日のことでもあり、米朝会談が行われるかどうかのコメントには注意を払わないといけないところ。昨日のようにリスク回避の動きが起こらないとも限らない。なにせマーケットでは6月12日にシンガポールで儀式的なものであっても、会談を行うことのほうに意義を見出しているようであるから。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る