ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

イタリアの政情不安が高まる、
ユーロ下落のゆくえ要ウォッチ

2018年05月29日(火)16:03公開 (2018年05月29日(火)16:03更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 週末の米朝会談に関するゴタゴタもあって、週明けのマーケットではリスクテークで始まった。早朝のグローベックスから米国株は上昇し、ドル円やユーロ円も30ポイントほどの上げを演じて始まった。

 ドル円が109.80あたりまで上がったのは早朝のセッションだけで、時間の経過とともにズルズルと下がってきた。そして先週末の終値である109.40あたりまで逆戻りさせられることとなった。米朝会談をやっぱりやるといっても、それは前の状況に帰っただけなのだ。

 それよりも友情なのは、ドル円が上がってみても、110円台に届かなかったことだ。米朝会談や中国との貿易摩擦の過程で111円台まで上がったのに、今回は109円台のまま。これは相当に上値が重いものとなっていることを覚悟しなければいけないことを示唆しているようだ。

 欧州時間にはいると、イタリアの政情不安に加えてスペインも問題視され、それが為替相場でのユーロ売りにつながった。ユーロドルは年初来の安値を更新してきて、それが市場に不安をあおった。イタリアでは首相に指名された政治家が大統領から拒否されて、IMFの高官だった人が指名されたらしい。

 果たして民意を反映しているのか。ただ単にEU離脱のシナリオを避けるためだけの小手先のやり方だったら、長続きはしないだろう。それがユーロを売っておかねばという意欲に結びついている。

 一方でポンドドルは先週から何度も1.33割れをトライしているが、割り込みはするものの、何とか粘っている。いかにも1.3300がテクニカルで言う心理的節目であることを物語っているかのようだ。

 ポンドの粘りもあって、ユーロドルは極端な投げ売りに直結しなかったといえるだろう。しかしメインプレーヤーであるはずのアメリカもイギリスも休みだったので、大きな動きにはならなかった。本格的な市場の反応は今日の海外市場を待たなければならない。

日本時間 16時00分

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る