ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

有罪やり過ごしてドル全面高へ、
リスクフル状態だが要注意

2018年08月23日(木)16:28公開 (2018年08月23日(木)16:28更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日は東京市場ではトランプ大統領の弁護士問題で振らされた。いうまでもなくリスク回避の材料である。それで午前中に日本株は大きく落ち込んだのだが、今週の安値である22030円までには到達しなかった。

 材料としてはリスク回避で十分なのであるが、それでも海外要因なので夜まで市場の反応を見てみたいという意気込みの方が強かった。そのうちだんだんと慣れてきて、日本株は反発に向かった。

 ドル円も110円の大台を再び割り込んでくるのかと思いきや、日本株と同様、すんでのところで踏みとどまった。そして欧州序盤では完全に戻しきっており、110.40まで上ってきた。

 欧州時間ではトルコ自体も大型連休中だがトルコリラが安定していたこともあって、ますますリスク許容度が回復してきた。グローベックスセッションでの米国株もすでに当日の下げ分をすべて取り戻している。

 ニューヨーク時間に入ってもリスクテークが基本的な流れとなって、ドル円やユーロ円の腰が強い。トランプ大統領の個人的な問題は無視されることとなった。マーケットはそれが政治的なダメージをあたえるものではないと判断したのだ。

 FOMCの議事録が夜中に出たが、あまりインパクトを与えなかった。ちょっと新興国のことについても触れていたが、直近のトルコ通貨の価値が落ち着いているとあっては反応できないところだ。むしろ9月利上げが確定的になったということで、完全に織り込まれているとはいえ、ドル買いしてみようかという材料にはなる。

 ドル円はほとんど高値引けといってもよい状態で終わった。米中交渉は低レベル級の会談だということもあり、そこから目に見える成果が出てくるとは期待されていない。だから市場の注目も引いていないが、協議は今夜も継続するようだ。

 米国株が最高値に近づいているので、テクニカル的にレジスタンスに出会っている。これ以上上がるにしても、ここで上げ止まるにしても肝の位置である。だからここでドル買いをするのは得策ではないといえよう。ドルロングするならば、米国株も完全に史上最高値をつけてからでも遅くはないというのがテクニカル面からの要請でもある。


日本時間 16時20分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 jfx記事
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る