ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

米国の3連休で為替相場も静か、
貿易関連のトランプツイートに要注意

2018年09月03日(月)15:42公開 (2018年09月03日(月)15:42更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 先週の金曜日はアジア時間で、ドル円やユーロ円と言ったリスクに敏感な通貨ペアがおしなべて重い足取りとなった。特にリスク回避の動きが起こっているわけではない。米国株は史上最高値の近辺でもんでおり、今のところ値崩れしそうにない。

 原油相場がやや持ち上がって70ドル台なんかつけてきているが、これとてもここ最近のレンジの範囲内である。そうした状況の中、ドル円は111円台をキープするのが難しそうな展開になってきた。

 私もドル円を売り込んでみたのだが、すぐには下がらない。ちょっと我慢していると、すぐに5ポイント、10ポイントも戻ってしまう。このまま上がってしまうのかと気弱になって、私も買い戻してしまう。結果的には大きな動きのない海外市場であった。

 ドル円は110.70あたりまでが下げの限界で、ニューヨーククローズに至るまでにはまた111円台まで値を戻してきた。アメリカが3連休に入るので動きは乏しくなるかもしれないとわかっていたのに、つまらないディールに時間を費やしてしまったものだ。

 ドル円が重たかったのは、カナダとの交渉が難航しそうだということが一因。しかし週内に話がまとまらなかったという結論が出ても大きなリスク回避には至らず、むしろ翌週にでも協議は再開されるといった報道のほうに反応してしまい、ニューヨーク終盤ではリスクテークの流れを誘った格好となった。

 今夜はアメリカが休みなので、マーケットの材料も少ない。欧州時間も為替相場は動きが乏しいだろう。週末に雇用統計を控えているので、様子見姿勢も強まってくる。しかし今月末のFMCでは利上げが完全に織り込まれてしまっているため、経済指標などで相場が振り回されることは少ないだろう。

 やはり貿易摩擦などにフォーカスが当たることになる。カナダとの交渉もそうだし、対中制裁の2000億ドル分の発動も控えている。トランプ大統領のツイートに一喜一憂する週になりそうだ。


日本時間 15時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る