ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

BREXIT進展への期待でポンド上昇、
ドル円は面白くないレンジワーク

2018年09月11日(火)16:12公開 (2018年09月11日(火)16:12更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日はマーケットには良い材料と悪い材料がぶつかった。良い方の話しはBREXIT問題の進展である。EUの担当官が11月初旬までには合意ができそうだと自信を見せたことである。懸案のアイルランド国境問題や産地の表示問題などはどうなるのかとの見解もあるが、とりあえず前向きな姿勢を示したことで、ポンドが上昇。

 素直に評価した格好だ。ニューヨーク序盤のトークだったが、ポンドドルは100ポイント強の上昇となった。つられる形で欧州通過は高い。ユーロドルも1.16台に乗せてきた。ドル円のほうは111円ちょうどを挟んで一進一退が続いている。

 悪い材料というのはアップル株についてだ。アップル社が関税問題について意見書を政府に提出したそうだが、それはトランプ大統領の「じゃあ国内生産に切り替えろ」という言葉で一蹴されてしまった。

 それが個別にアップル株の売りを誘ったのだが、言うまでもなく周辺の銘柄にも飛び火。株価は騰勢をストップした。しかしマーケットでは目立ったほどのリスク回避とならず、ドル円もユーロ円も日中の高いところでステイしたまま、ニューヨーククローズを迎えた。

 どうもこのところ、ドル円の方向感が出てこない。111円台は売りなのかと考えてショートに振ってみると、そのまま下がらなくなったり、逆張りはダメとなると順張りかということで111円台を割れてきた瞬間にドルショートに振っても、これまたワークしない。

 そもそも大きな動きをしていないところで、両端をたたいていたりすることもある。実に狭い範囲の中でのレンジメーカーになってしまっている。ユーロドルも含めて、下半期は実につまらないレンジ相場になってしまっているというのが実情だ。

 今夜も経済イベントが少ない。しかるにまたトランプ大統領のつぶやき待ちということになる。いろいろと暴露本やスキャンダルが出てきても、一向にめげないトランプ大統領である。ツイッターでのつぶやきもまったく尋常でないほど多い。

 お役所が発表している経済指標などよりも重要度が高いのではないかと思われているところに、トランプ大統領にまんまとはめられているのかもしれない。

日本時間 16時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る