ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

政治的妥結への期待でドル全面高、
本日イベントなくまた思惑先行か

2019年02月12日(火)15:36公開 (2019年02月12日(火)15:36更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日は日本が休みの中、ドル相場が上昇した。ドル円は欧州序盤で110円台に乗せてきてからは、まったくの堅調な地合いを維持した。またユーロドルのほうもニューヨーク序盤で1.12台に突入してきて、そのままドル堅調。

 ドル金利には大きく目立って上がってきたというわけでもないが、ドル買い材料としてはアメリカの交渉ごとの大詰めが近づいてきているからだろう。当初に主張していたような結果ができるとは誰も考えておらず、ほどよいところで手打ちとなるのだろうという見方が強まってきているからだ。

 決定的に決裂して話し合いはもうしないという状況だけは避けたいということになるのがコンセンサスになりつつある。今週は米中協議の閣僚レベルの打ち合わせがある。それに向かっての水面下の協議も昨日より行われているので、思惑がいろいろと出てきて騒がしい。うまくいっているとか、難航しているとか。

 それでいちいちマーケットのリスク動向が振り回されているが、そうした上下動の激しさは週の後半に向けてますます頻繁になるだろう。いまとなっては達成すべき内容の充実よりも、次回の会合までつなげるかどうかしか期待されていないようでもある。

 中国サイドとしても知財権の保護などで大幅な譲歩はしそうにもないからである。落としどころでは農産品の購入枠の拡大くらいしか打ち出せないだろう。

 この米中協議と絡んで米朝のベトナム会合での成果もあまり期待されていない。まずは外交上での実績を打ち出すのが先決であって、内容を詰めることまではできそうもないのである。これには中国の意向も絡んでおり、容易に核兵器を全廃するわけがないからである。北朝鮮問題はあまりマーケットを揺さぶる材料にはなりそうもない。

 そして15日が期限とされる暫定予算の延長問題がある。昨日は両党の間での協議が不調に終わったが、いつまでも暫定予算でにわか妥協を繰り返しているわけにもいかない。民主党の主張するように、壁は作るには作るがコンクリートの分厚い壁ではなくて、金網の柵のようなもので手を打つのではないかともみられる。

 それにAI製品を積んだ監視塔を立てるなどするのだ。そうすればどちら側にも主張が通ったと宣伝できるからである。そしてトランプ大統領も「ウオール」と言っていたのを、最近は「フェンス」だと言ってトーンダウンしてきてもいる。ともかくも予算の問題で壁のことが見えてきたら、ドルは一段高しそうである。


日本時間 15時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る