ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

売りたい誘惑は絶えないユーロドル、
でも売りづらくもありレベルに注意!

2019年08月30日(金)15:19公開 (2019年08月30日(金)15:19更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!


 昨日は夕方に中国側から米中協議の継続を伝える報道が出てきて、それが市場のリスク許容度を持ち上げた。東京時間まではリスクオフ傾向で動いていたマーケットだったが、グローベックスの米国株も急伸に転じた。そしてドル金利の低下もおさまった。それとともにドルは買い戻され、ドル円は106円台まで値を戻してきた。

 アメリカのGDPは若干の下方修正を強いられたが、それでも予想通りだということで大きな反応はなし。ラガルド専務理事がユーロの下げ余地はまだあるという内容の発言をしたことで、ユーロ売りがかさんだ。ラガルド氏は次期ECB総裁と目されているので、その発言内容は重みが大きい。

 しかしユーロドルは先日につけたところの今年の安値である1.1027を狙っているとはいいながらも、日足のチャートなどを見ると、いかにも強力にサポートされているように見える。こういう形をしていたのでは私ですらもユーロ売りをここから励むのはためらわれる。

 できれば完全に1.10台ちょうどを割り込んでからしか売りたくはない。スピードも遅いし、反発する確率のほうが高そうだからだ。いずれした抜けすると認識していても、1.10台でのショートは慎みたいところだ。

 しかし1.10台を割り込んでしまうと、結構の深押しが期待できるのではないだろうか。2年ぶりの安値圏に突入したら、そう簡単には元には戻ってこないだろうし、前回の安値である1.03台まで時間をかけて下がっていく可能性をはらんでいる。

 そのきっかけが9月中旬のECB会合なのか、10月下旬のBREXITなのかはわからない。タイミングはわからないので、今しばらくはショートカバーも交えて、ユーロドルの下値サイドに注意を払っておきたいところだ。

 ニューヨーク時間のコアタイムでは米国株は一段高したものの、それまでの上昇分のほうが大きかった。ユーロドルは1.1045あたりまで差し込んだが、安値更新にはならず。依然としてユーロドルは緩慢な動きに徹している。近くて遠い新安値だが、ここで取れる作戦は押し目買いと、1.1027割れでの投げ売りと1.10ちょうど割れでのド転ショートであろう。

日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る