ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円109円台の重さを確認、
リセッションとなるか独GDPに注目!

2019年11月14日(木)15:14公開 (2019年11月14日(木)15:14更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日は香港デモの激化が懸念されて、アジア時間から株価は軟調。日本株もその難を免れることはできなかった。欧州序盤になってもその流れは変わらずで、ナイトセッションで日経先物は23160円まで差し込んだ。

 これで今月の高値である23650円からは500円急の調整をしたことになる。その傾向はドル円相場にも顕著に表れて、足取りは109円ちょうどをはさんで頭の重たい展開を強いられることとなった。

 ニューヨーク時間が近づくにつれてリスク回避の動きはやわらいできた。それはパウエル議長のスピーチを控えていたからだ。いつものように虫のいい方向だけを期待している資本市場であった。利下げ打ち止めを発言するとは思ってもいないようである。

 そして事前に発言内容のテキストが公表されたが、内容はしばらく利下げを停止することを明示したものの、打ち止め感は醸さなかった。それで安心感を得たマーケットはリスクテークに向かうことになったが、いかんせん史上最高値の水準にある米国株である。

 高値追いには限界があった。そのうえ、中国が輸入する食品に数値目標を設けることに反対しているという報道が流れて、これが株価の頭を押さえることとなった。ドル円の目先もまったく重いまま。109円台は遠くなった感じになった。

 今朝は日本のGDPが出たが、ほぼ予想通りだったということもあり、マーケットはあまり反応しなかった。それよりも気になるのは夕方に出てくるドイツのGDPだろう。事前の予想では変わらずということになっているが、一歩間違えばマイナスである。そうなると2四半期連続でマイナス成長ということになり、リッセションに入ったと話しが持ち上がってしまう。

 大した外れでなくても、ヘッドラインに載っただけで大騒ぎとなってしまう可能性がある。昨日も欧州金利の低下が目立っただけに、長期金利のいっそうの低下が市場に不安を与えることにつながりかねない。

そうなるとリスク回避による株安は避けられない。ドル円やユーロ円の一段安も簡単に起こりうる。ドイツのGDPは欧州の多くの部分を占めているので、その波及は大きいものと言わざるをえないのである。

日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る