ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ポンドドルも1.19台まで回復、
リスク巻き戻したが目先は不透明

2020年03月26日(木)15:27公開 (2020年03月26日(木)15:27更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 ダウ平均の数字が日経平均を初めて追い越したのは、今世紀に入ってからであった。その後、何度か逆転しているが、通常はダウ平均の方が高い。

 どういうときにダウ平均が日経平均を下回るかというと、やはり株安のときである。逆にいうと株高局面では、ダウ平均のほうが先行して上がるということだ。世界的に株価の上昇基調はどうかを見るには、米国株にしくはないということだ。

 今週になって日本株が急上昇した。月曜日の早朝につけた安値である15060円から昨日の戻した金である19455円まで、4500円近くも上がっているのだ。この間、ダウ平均に急速に接近した。

 そしてついに400ポイントくらいまでの差まで詰め寄った。日経平均が下からダウ平均を追い抜くというのは前例のないパターンだが、これもやはり近い将来の株安を招く事象の一つなのだろう。

 今週に入って日本株が高いので、ドル円もめっきり下がらなくなった。昨日は欧州時間に入ってからというもの、ドル円は110円台には突入しなかった。米国株も巻き返しているので、市場のリスク許容度は確かに増大してきている。

 あれだけ換金売りによるドル買いで振らされたポンドドルも、1.19台まで値を戻してきている。アメリカが国境閉鎖に本格的に動き出し、家経済対策の第3弾も合意を得られたということで、ゲインの先取りをしているようにも見える。

 先日のPMIなどのような景況指数でもわかるように、最近はもう経済指標ではマーケットは反応しなくなった。確かに古いデータに対してサプライズも何もあったものではない。足下の感染者数の増加とか、非常事態宣言が出るかどうかのほうが重大だ。

 昨日は東京都も週末の外出を控えるように要請を出したが、今日になっての日本株の下げやドル円の軟化は、少なからずそれを反映しているのかもしれない。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る