ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

原油の反発でムード悪化を防ぐ、
ドル円108円台に戻し雇用統計へ!

2020年04月03日(金)15:21公開 (2020年04月03日(金)15:21更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日のマーケットを支配したのは原油価格だった。20のドルの大台を割り込んで定着してしまうのかと思われていた原油相場が強まったのだ。きっかけはトランプ大統領のツイッターである。ロシアとサウジが1000BPDの減産で合意するだろうと漏らしたことだ。

これによって原油価格は27ドル台まで急騰。それにともなって市場のリスク許容度も大きく回復した。米国株も昨日は大幅上昇となり、為替相場でもド ルの全面高となった。

 しかしアメリカ国内の石油会社には減産要請はしない模様との報道が流れ、原油相場の騰勢は失われた。減産のための合意を求めるならば、アメリカも最初に減産してしかるべきだという思惑があったからである。

 私もドル円をショートで構えていたので、ニューヨーク序盤で損切りさせられることとなった。今回のパニック的なリスク回避の要因はコロナウイルス問題よりも、タイミングを同じくした原油相場の急落にあった。

 だから原油価格の急騰にはそれなりの注意を要するのだ。これでリスクの動向に変化が見られれば、コロナ撲滅を待たずして大きなリスクテークに見舞われるかもしれないからだ。108円台に乗せてきた以降のドル円は、注意を払いつつも、しばらくは様子見して成り行きを見守るしかない。

 さて今晩は雇用統計だ。集計の時期の違いもあるだろうし、失業保険のデータがすぐに雇用統計に反映されるものではない。だから就業者数が多く出ても、少なく出ても、マーケットは反応しにくいだろう。就業者数がそんなに劇的に減少していなければ、データは古いのだと一蹴されてしまうだろう。

一方で大きく凹んでいたにしても、これで底打ちかどうかがわからないということになる。どちらかに賭けろといったら、リスク回避の方向でベットしたほうが面白いはずである。昨日の原油価格の急騰も、今日になってだいぶ勢いを失ってきていることも手がかりだ。


日本時間 15時00分

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る