ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

リスクテーク進んだがドルは全面安へ、
すでに為替相場も明日のパウエル待ち

2020年09月15日(火)15:17公開 (2020年09月15日(火)15:17更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 週明けのマーケットでは大きくリスクテークが進んだ。早朝のグローベックスでは米国株が急上昇してスタートしたのだ。週末にはワクチン開発の話しがいくつか出ていたし、また期限待ちかとされたファーウエイ排除の現実味も増してきたからだ。マイクロソフトのTIKTOK買収は流れたが、代わってオラクルが引き受け手になりそうだ。

 またソフトバンクが持っていたイギリスのアーム社を、目下、絶好調のエヌヴィディアが買収するらしい。ともかくも市場はリスクオンムード一色となって、この流れはニューヨーククローズまで変わることはなかった。

 そうした中でも為替相場ではドル安の傾向が強まった。しばらく106円ちょうどを挟んで動かなかったドル円が、105円台の中盤まで差し込んだ。確かに株高のせいでドル金利が上がっているわけでもない。ドルを買う材料ではないのである。

 それでも株価の大幅上昇を横目で見ている限り、なかなかドルをショートにして持っていようという気にはなれなかった。できうることならば米国株が下げだしてからでもいいのではないかと考えたからだ。結局のところ、米国株に目立った押し目は現れなかった。

 今晩はいろいろとセンチメント指数などが出るが、マーケットはもう明日のFOMCでのパウエル議長のスピーチにすっかり目が行ってしまっているようだ。

 だから明日の夜中まで相場は動きづらいだろうということ。なにか変わった動きでも出てこなければ、無理してマーケットに参戦しても意味がないだろう。明日まで様子見のスタンスでいるつもり。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る